あしながインターン日記(日本語)

2013-09-10

インターン研修を振り返って-マイケル地頭所

2013年7月24日

 私は遺児ですが、私はこのインターンシップで強い孤児となることができました。私は9年前に父を失い、ある遺児の方からから心を強くする方法について学ぶためにあしなが育英会に来ました。その遺児こそが玉井義臣です。このインターンシップが始まる前は、私は彼が私のからっぽの心を埋めるための魔法の言葉をくださるだろうと思っていましたが、その代わりにすぐに私にこの仕事をくださりました。私はあしなが育英会の支援を受けながら、1年間のインターンシップの最初の数ヶ月間日本語を勉強しました。私はその後すぐに心塾学生の2月間の夏季英会話プログラムを行うために米国と英国から13人の英語インストラクターを選出し、彼らをリードしました。私は私の選んだインストラクター達が時間を適切に守るように、食事が彼らにきちんと供給されるように、また彼らが門限までにきちんと帰るようにするために懸命に働きました。最後になると、私は自分が13人の子供達の父親になったように感じました。プログラムを進める私たちは毎日一丸となって企画を練り、英語の話し方をレクチャーし、心塾生の英会話力を改善してその活動に多くの日々を費やしました。挑戦の毎日でしたが、私はあることを念頭に入れて動いていました。それは心塾生のために良質な人材を用意すれば大きなことが成し遂げられるということです。私は、心塾生もインターン生も英会話を学ぶ上で、あるいは教える上で自分のスキルを向上させることができるだけでなく、互いに心を成長させることができると思いました。父が亡くなったことで私はあしなが育英会で働くことができ、また将来的に繁栄していく可能性を秘めたプログラムのきっかけを提供することができました。この機会をくださった玉井先生とあしなが育英会に感謝したいと思います。私は日本に来る前にはこのインターンシップがそれほど人の心を満たすとは思っていませんでしたが、終えてみると思っていた以上に私を含めた人々の心を満たすことができたのだと思います。私は遺児ですが、みなさんのおかげでより強い遺児に成長することができました。本当にありがとうございました。


2013-09-10

インターン研修を振り返って-ザン・ヴァーコ

2013年7月24日
 
心塾のメンバーと過ごした時間は生涯心に残る忘れることのない経験でした。最も素晴らしい喜びの一つは、自分たちが持つ英語と文化の知識を共有する機会を与えられたことで、その二つの知識は一緒に勉強した学生たちの関心を大いにそそったように思われました。私は特に、ここ東京に滞在する間に我々の授業が進むにつれ、一緒に勉強した学生たちの能力にはっきりと進歩がみられたという事実に喜びを感じました。ここの来た当初は、話すのは恥ずかしいけど学ぶ意欲は強い学生たちと授業をしました。時がたつと、それらの問題は変化して、誰もが英語でコミュニケーションすることをより気楽に感じ始めました。
 私たちが心塾で一緒に勉強した学生たちはアメリカとイギリスの文化について学ぶことも楽しんだと思います。話題は興味のある映画から奇妙な音楽、風変わりだが人気のある食べ物にまで及びました。私が持つ自国や留学や旅への情熱を共有する機会は、学生たちの英語の能力が向上するにつれて活発になりました。時がたつと会話はより洗練され、より個人的になり、より興味深くなりました。私が楽しんだもう一つの機会は、学生たちがレポートを書く技術を向上させる手伝いをするという経験でした。これは単純な文法から込み入った哲学的な討論に至るまで様々でした。
 私たちはしばしば互いにリラックスした打ち解けた状況で気軽な会話を交わしました。それらの会話は、参加した人たち全員にとっても同じに違いありませんが、感動的で本質的な経験の一つでした。とりわけグループで行った楽しい祝賀行事の後、時々お互いに自分で話していることを理解しているのか確信が持てない不思議な会話をしたことも事実です。これはまれでしたが、しかし楽しい経験でした。
 心塾での生活は私に日本人の文化と日常生活の詳細なイメージを与えてくれました。初めて日本のウォシュレットを目撃した時は、その機械をどう使ったらよいのかわかりませんでした。日本には空中で人を襲うことや、ベッドの下で眠るのが好きな巨大な昆虫が多数いることにもショッキングではあるものの嬉しい驚きを感じました。初めて入った公衆浴場にも驚きましたが、最初は落ち着かなく感じても、すぐに日本の伝統的なものとして楽しみ方を理解しました。
 絶えず学生たちと取り組むことを通して、私たちはすぐに多くの学生たちと友達になり、単にお互いの基本的な関心事を学ぶのではなく、ユーモアのスタイルや人生に対する全般的な姿勢を理解するようになりました。私たちが学生たちと共有したもう一つの親交は、学生たちの郷土料理をごちそうになったことです。個人的にはお好み焼きが気に入りました。学生たちと東京にあるいくつかのとある場所に連れて行ってもらうという特典もありました。これは私が東京の内情に明るい人からいくつかの秘境に案内されたことを意味します。二カ月の過程を通して培った強い関係は、誕生日に自ら進んで贈り物をあげたり貰ったりするところまで発展しました。イングランドにいる友達は必ずしもこういった親切な行為はしてくれませんでした。