あしなが育英会 アフリカ遺児・教育支援「1日1ドルの世界」

2014-01-15

ウガンダ短期派遣研修レポート Vol.2

 あしなが育英会は12月1日~9日、あしながウガンダレインボーハウスへの学生の短期研修派遣を行いました。派遣された学生は今年度のあしながPウォーク10において、全国各地のブロックリーダーを務めた学生と、潮来のつどいに参加した大学1年生から選抜された学生、計16名です。近年、Pウォーク10では、あしながウガンダの進めるエイズ遺児教育支援活動を応援しています。今回、全国の学生リーダーがエイズ遺児の実態を調査し、1日1ドル以下の生活を体験する中で、より理解を深め、それを各地で発信していくことが目的です。テラコヤ教室に通うエイズ遺児家庭でのホームステイやエイズ発祥の地の一つと言われるラカイ県訪問など様々なプログラムを通して学生たちが得た経験を数回に分けて紹介します。

たらいに10センチ 衝撃の「水浴び」


 私は小学校1年生の男の子デニスの家にホームステイをすることになった。お母さん、お姉ちゃん、デニス、妹、弟の5人家族。

 ホームステイ2日目、7時に起床。起きるとすぐにお母さんからお風呂をすすめられた。ウガンダでは水浴びという。直径50センチくらいのプラスチックのたらいに高さ10センチくらいの水を入れたものを手渡された。衝撃的だった。これだけで髪の毛と体全身を流すのは私には不可能だ。満足に髪の毛や体を洗うこともできず水浴びを終えた。朝食にキャッサバを油で揚げたものとウガンダティーをいただき、デニスと家を出て学校に出発した。学校に着くと、ホームステイをしていた他の学生の話をたくさん聞いた。印象的だったのは水浴びをしていない人が多かったことと、電気がない家が多かったこと。私のホームステイ先は、比較的近くに水汲み場があったことから私自身も水浴びができた。また家計に余裕があった時に電球を購入し電気を通すことができていたので夜は明るかった。水が十分になく水浴びは数日に1回、電気はなくろうそく一本の明かりのみという家庭ばかりだった。現実は水や電気の不足に困っている家の方が多いということを知って、水と電気のありがたさを知った。


衝撃のお風呂(水浴び) 囲いのみの屋外で体を洗う


 この日はいったんウガンダの首都に行った。高層ビルにおしゃれな建物が建ち並び、昼食もホテルのレストランで豪華でおいしい食べ物を食べることができた。ナンサナとの経済の格差に驚きを隠せなかった。ウガンダの中でもこんなにも格差があっていいものなのか、もっと国の中で支え合うことができるのではないだろうかと感じた。

 学校が終わりデニス と帰宅。夕食後、この日は一緒に皿洗いや水汲みをした。皿洗いは大きめのボール2つにそれぞれ水を5センチずつ入れ、一方は泡を少し洗い流す用、もう一方は完全に洗い流す用だった。一度も水を変えることなく20枚程の食器を洗いきった。しっかり汚れを落とせてはおらず、この汚れからカビが生えたり、虫がわいたりして体に良くないだろうなと感じた。水汲みは歩いて約15分の所まで行かなくてはならなかった。帰りは両手に持ったタンクは満タンで私たちでもかなり重たい。私のホームステイ先は2日に1回この水汲みに行っているそうだ。 日本はぜいたくだ。何もかもがそろっている。誰もがこの環境に慣れてしまい当たり前の幸せを感じることができていない。自分にとって当たり前の幸せとはなんだろうか。ウガンダから帰ってきた私だからこそ感じられる幸せ。この幸せをもっと多くの人に感じてほしい。そのために今回この機会で経験した多くのことをたくさんの人に伝え、またそこ
からウガンダへの大きな支援につなげることが私の責任だ。

文・写真: 大学1年 Y.T


2013-12-26

ウガンダ短期派遣研修レポート Vol.1

 あしなが育英会は12月1日~9日、あしながウガンダレインボーハウスへの学生の短期研修派遣を行いました。派遣された学生は今年度のあしながPウォーク10において、全国各地のブロックリーダーを務めた学生と、潮来のつどいに参加した大学1年生から選抜された学生、計16名です。近年、Pウォーク10では、あしながウガンダの進めるエイズ遺児教育支援活動を応援しています。今回、全国の学生リーダーがエイズ遺児の実態を調査し、1日1ドル以下の生活を体験する中で、より理解を深め、それを各地で発信していくことが目的です。テラコヤ教室に通うエイズ遺児家庭でのホームステイやエイズ発祥の地の一つと言われるラカイ県訪問など様々なプログラムを通して学生たちが得た経験を数回に分けて紹介します。



印象に残った2つの出来事から浮かび上がる格差

 私が今回の研修に参加した目的は「ウガンダについてのあやふやな部分を明確にする」ことでした。実際ウガンダに行ってみると、あやふやだった部分が明確になるだけでなく、日本で調べていただけでは気づけなかったであろうことも深く考えることができました。
 その上で印象に残ったことが二つあります。まず一つ目は、ナンサナにおけるホームステイです。私はあしながウガンダのテラコヤに通うバビリエ・ヒルダさん(小4)の家に三泊のホームステイをしました。バビリエさんの家は母と子ども3人の4人家族、それに加えて何人かの親戚で暮らしていましたが、三段ベッドとソファーがあるだけのとても狭い部屋で窮屈に暮らしていました。さらに私が訪れた時には停電していて、僅かな懐中電灯の明かりのみで生活していました。そして子どもたちは水を使うために、大学生の私でも運ぶのが大変なポリタンクで水汲みをしていました。もちろん水浴びや食器洗いに使える量は少なく、そのまま飲み水として使えるようなきれいな水ではありません。ナンサナでの暮らしは、想像以上に僕たちの暮らしよりも不便なものでした。しかし、ナンサナの人はそんな生活の中にも幸せを見つけているようで、子どもたちには笑顔があふれ、町に活気があふれているように感じました。


 印象に残ったことの二つ目は、ラカイ県の訪問です。ラカイはエイズ発祥の地と言われています。ここでは日帰りで何軒かの家庭を訪問したのですが、訪問する先々で見る光景があまりにも衝撃的で、自分は質問することすらできずに、ただただ茫然と話を聞くことしかできませんでした。エイズで親を亡くし、子どもだけで暮らしている家。エイズで夫を亡くし、自身もエイズに感染しているお母さん。ラカイには、自分たちが文章でしか知りえなかったような環境で暮らす人がすぐ目の前にいました。ナンサナとは対照的に、私はラカイで現地の人たちがどんなことに幸せを見出して生活しているのか、短い訪問の間には読み取ることができませんでした。ラカイの人たちにとって何が幸せで、何が本当に必要なのかということは、簡単に理解できるものではないのかもしれません。
 私は研修を通して、先に挙げたウガンダ国内の2つの異なる生活を見て、「ウガンダ国内における格差」を実感しました。それまで自分は、無意識に大きな括りでウガンダと日本の生活を比べようとしていました。しかし、ここまで挙げた例のように、ウガンダ国内にも確かに格差は存在し、ひょっとするとそれは、日本とウガンダ間の格差よりも重要なのではないのかとも感じました。同時に、同じウガンダという国に住んでいながらも、全く異なる水準の生活を送る人がいることに困惑しました。またその一方で、海外NGOなどの外部からの支援だけではこの格差を短期的にしか解決できず、国内の格差を完全に解消するためには、その国の人たち自身が変わる必要があるのではないかと感じました。そして、まず自分がすべきこと、できることは、現地の人の幸せは何で、本当に必要なものは何なのかをじっくり考えることだと感じました。その上でも現地の人たちの可能性を広げる教育支援は必要な支援だと思いました。

文・写真:大学1年 K.O


2012-11-30

ハーバード大研修制度を新設

 金木正夫会長特別補佐(ハーバード大学医学部准教授)が指導するハーバード大学とマケレレ大学とのエイズに関する共同研究に、本会大学奨学生も参加する計画が進みつつある。金木氏が今年7月にあしながウガンダのテラコヤを訪問した際、2009年にハーバード大の金木ラボで夏期研究実習を受けたウィリントン医師(09年当時、マケレレ大学医学部生)と一緒にスワンカンボ・マケレレ大学医学部長と会い、同医学部長からマケレレ大学医学部客員教授としてエイズやマラリアなどに関する共同研究を指導してほしいと依頼された。
 金木氏は「南アフリカやケニアには欧米の研究者が入りエイズの研究が進められてきたが、ウガンダではまだ進んでいない。エイズやマラリアの治療に活かせる研究テーマはたくさんあり、研究も新しい時代に入りつつある。また、医学の分野で日本からアフリカへ行って共同研究しているグループは少ないので、アフリカから世界の第一線で活躍する研究者を育てると同時に、日本からグローバルな共同研究を進める次世代の意欲的な研究者、医師を育てたい」と語る。
 ボストンの金木ラボで短期研修を受けた後、ハーバード大研修生としてマケレレ大で1年間エイズ患者のデータの解析を行うという金木氏の提案を、山中湖のつどいで話したところ、医学部の学生数人がさっそく研修生を希望してきた。来年度は1名を派遣する予定で、希望する学生、大学院生はあしなが育英会に連絡してほしい。(あしなが育英会会長・玉井義臣)


2012-11-20

「あしながウガンダ心塾」地鎮祭


 9月28日、「あしながウガンダ心塾」建設に向け、ウガンダ地域住民説明会(地鎮祭)を行った。
 当日はあしながウガンダ関係者、ナンサナ・コミュニティの人たち総勢150人以上が出席。「あしながアフリカ100年構想」の一環として、サハラ以南の遺児学生が世界の大学に進学する前に事前研修を行う「あしながウガンダ心塾」完成に向けて、いよいよキックオフした。
 主賓としてお迎えした、あしながウガンダ顧問のジェームス・ババ内務副大臣(元ウガンダ駐日大使)は、「あしながは我が国にとって貴重な人材を育成する教育的な活動を行っており、また、ウガンダと日本の重要なかけはしとなっている」と、大変心強い言葉をくださった。教育省から初等教育担当大臣や、フェニックス・ロジスティクス社の柏田雄一社長(あしながウガンダ理事)も出席した。
 玉井義臣あしなが育英会会長の代理で出席した吉田和彦事務局長は「心塾は『利己より利他のために』、『世のため人のために生きる』ことを真に考えられるような人間をつくる場です」と話し、ナンサナ・コミュニティの方々の理解と協力を求めた。
 来年4月入学に向けて日本の大学を受験する予定のワスワ・サダムが、ウガンダ遺児学生を代表してスピーチ。「ウガンダには教育の機会を与えられない多くの遺児がいますが、彼らも将来の夢をかなえる可能性を持っています。アフリカの発展に向け、49か国のアフリカ遺児がワークハードできる『ウガンダ心塾』ができることはとても素晴らしく、うれしいです」と述べた。
 彼のような遺児学生がウガンダ心塾で鍛えられ、世界の大学で勉強し、いずれアフリカのリーダーとなって活躍してくれることを期待したい。
 なお、来年6月に一期工事が完成し、2014年6月にすべての建物が完成する予定である。

ウガンダ心塾の設計入選

 大学奨学生OB・建築家の小林一行氏(31)が、若手建築家の登竜門「SDレビュー2012」において「あしながウガンダ心塾(AU Dormitory)」のデザインで入選した(樫村芙実氏と共同設計)。その模型は「第31回建築・環境・インテリアのドローイングと模型の入選展」東京・京都会場で展示された。
 小林氏はウガンダ留学研修制度第一期生で、04〜05年度にウガンダレインボーハウスに派遣され、エイズ遺児の心のケアに携わる一方、現地建築事務所でインターンとして研修。また村落においてレンガ作りに従事するなど、体当たりでアフリカの建築について学んだ。卒業後、東京藝術大学の大学院に進学し、西アフリカ・マリ共和国でドゴン族の集落について研究。アフリカの風土やエイズ遺児の実態を最もよく知る日本人建築家として、「あしながウガンダ心塾」の設計を託され今回の受賞につながった。
 現在、個人設計事務所を立ち上げ国内外の様々な仕事に対応する傍ら、竣工を目指して「あしながウガンダ心塾」の施工をかつて自らがインターンした建築事務所と共同でコーディネートしている。
 「設計のコンセプトは、アフリカの人々と共に現地の素材や資材をできるだけ使用して建設していくことです。来年6月に確実に完成させたいです」と小林は語った。


2012-11-01

「あしながインターンシップ」について

 本年からあしながウガンダでは、1か月のインターンシップ制度を始め、第1号として英国オックスフォード大学院生のマイケルさんと米国ヴァッサー大学生のコンテッサさんを受け入れた。「あしながウガンダ」のレインボーハウスで日本人遺児学生らと1か月滞在し、日本や欧米の大学を目指すウガンダ遺児学生や日本の遺児研修生らに英語の指導をしてくれた。
 2人の存在は、ウガンダ遺児らだけでなく、日本の遺児研修学生にとっても非常に大きかった。2人が口をそろえるのは、「アフリカの遺児たちの多くが、環境と機会があれば、大学に進学できるポテンシャル(可能性)を持っている。だからこそ、引き続き欧米から大学生や院生のインターンシップ生をウガンダに送り、遺児たちの潜在能力を引き出すお手伝いをしなければならない」。
 2人は大学に戻り、ウガンダでの経験を語ると同時に、インターンシップ生を毎年送れるよう両大学に働きかけたいという。今後も短期(1か月)、長期(1年)で受け入れて行きたい。



ユニークな環境可能性広がる

 あしながウガンダでのボランティア活動(インターンシップ)として、7月中旬から8月下旬までの約1か月半、私はアメリカの大学を受験する予定のあしながウガンダの遺児学生の英語家庭教師を務めました。
 あしながウガンダでのボランティア活動は、私自身にとっても大変豊かな体験となりました。ヴァッサー大学の学生にとって非常に魅力的だと思います。
 教育、開発、NGOに興味がある学生にとってもすばらしく、また、日本、ウガンダ、ドイツの3つの国の人たちが一緒になって働いているあしながウガンダは、とてもユニークな環境です。
 彼らウガンダの遺児たちは、親を亡くし、金銭的な理由で優秀な学校に通っていたわけではありません。また、ウガンダとアメリカの教育の内容が大きく異なるため、アメリカの大学入学に必要な試験は、あしながウガンダの学生たちにとって大きな挑戦です。
 それでも、きちんと勉強し、早い段階から準備をすれば、彼らの可能性も広がります。
 今後も、アメリカの大学受験を目指すあしながウガンダの学生たちのためにヴァッサー大学の学生をインターンシップとして派遣できるよう、米国帰国後、大学や他の学生にぜひ勧めていきたいと思います。
(米国ヴァッサー大学 コンテッサ・ムウェジ(23))



エイズ遺児らの向上心を確信した

 この1か月間、あしながウガンダでボランティアでインターンさせていただいた。大学を卒業して2年間、イギリスで働き、その後、JET(The Japan Exchange and Teaching Programme)プログラムで4年半、福井県に住んでいました。
 日本滞在中、「スマイル・キッズ・ジャパン」という児童養護施設でのボランティア活動を促進する団体を立ち上げました。東日本大震災・津波発生後は仙台に引越し、「リビング・ドリームズ」という団体を通して東北の児童養護施設で働いていました。

専門は社会政策学
 昨年10月にイギリスに戻り、オックスフォード大学で現代日本学の修士号を取得しました。児童養護施設の子どもたちにとって、大学に進学することがいかに大変なことか、ということに焦点を置きました。
 児童養護施設の子どもは11・9%しか大学に進学せず、多くが途中で辞めてしまいます。ちなみに、日本全国では54%が大学に進学します。今年、もう一つ修士号を取得し、その後、社会政策で博士号を取得する予定です。博士号では、児童養護施設を出た若者にまつわる貧困や社会的疎外の問題に注目します。

玉井会長との出会い
 今年5月、研究のために来日した際、玉井会長にお会いする機会を得ることができ、様々な背景を抱えた子どもにとって大学に進学する大変さについてインタビューさせていただきました。その際、あしながウガンダのことや「100年構想」についてもお話を聞き、サハラ以南の遺児学生をオックスフォード大学に留学させる可能性を探るお手伝いをさせていただくことになりました。
 9月上旬、オックスフォード大学で玉井会長や岡崎理事らと再会し、当大学院のアフリカ学のディレクターや教授らと会談を持ちました。会談後、玉井会長にいつかウガンダに行きたいことを伝えると、「すぐにでも行きなさい」といわれ、3日後にはウガンダに向けて出発していました!

英語力向上に支援
 あしながウガンダで過ごした時間は大変すばらしく、ウガンダのみなさんが非常によくしてくれました。ウガンダ及び日本のスタッフや学生のみなさんからいろんな刺激を受けました。
 あしながウガンダでは、毎日仕事があり、私は、高校を卒業しアメリカや日本の大学を受験しようとしている学生らの準備を手伝わせていただきました。また、テラコヤ生徒の英語の能力向上のため、英語でのゲームの時間を持ち、とても楽しかったです。

ウガンダ学生に期待
 あしながウガンダでの仕事を通して、ワークハードするウガンダの学生の姿に感心しました。彼らはいろいろな意味で厳しい人生を送ってきており、通っていた学校も決してレベルの高い学校ではありませんが、学生たちは非常にやる気があり、頭もよいです。私がここにいた短期間でも、彼らは多くを学びました。私がよい教師だったからではなく、彼らにやる気と向上心があったからです。
 現在の留学候補生たちが日本やアメリカの大学に進学することができたら、彼らは大学ですばらしい結果を出し、いずれウガンダに大きな変化をもたらす、と確信しています。
 厳しい環境の中でここまで来られたこと自体も大きな成果ですし、サポートがあれば、更に大きな成果を出せると思います。将来、彼らは教師やエンジニア、弁護士や政治家になることを夢見ており、海外の大学で学んだことはウガンダにとって利益になるでしょうし、ウガンダと彼らの留学先の国とのよき関係にも大きく貢献するでしょう。
 私自身を含め、日本やドイツ、アメリカやイギリスの学生たちも、あしながウガンダでのボランティア活動を通して、様々なことを学べます。私にとってもここでのボランティア活動は大変貴重な機会となりました。ウガンダのことについて学び、アフリカの発展に関する問題、私の生徒たちをはじめ、親を亡くした子どもたちが抱える問題についても学びました。

インターン学生送る
 私は今までも海外に住んだことはありますが、ここでのボランティア活動は新しい文化、新しい世界を理解するのに大変貴重な場だと思います。また、日本でも「国際人」が求められる中、日本の学生がここでボランティア活動をしていることも非常に有意義なことだと思いました。
 今回のボランティア活動が大変価値のあるものだと感じておりますので、今後も引き続き、オックスフォード大学から1人か2人の学生をあしながウガンダに毎年、派遣できるようにしたいと思っています。オックスフォード大学の学生、ウガンダの学生の両方にとってすばらしいことでしょう。
 玉井会長にウガンダにお招きいただき、大変光栄に思っています。休みの日には、国立公園やナイル川の源流を見に行くこともできました。多くの人たちにあしながウガンダでのボランティア活動を推薦します。ウガンダの子どもたちは大きな可能性を抱いており、そんな彼らの可能性を生かすお手伝いができ、大変うれしく思います。
 本当にありがとうございました。
(英国オックスフォード大学 マイケル・M・キング(30))