ひとりじゃないよと伝えたい 東北レインボーハウスの活動報告とお知らせ

2017-05-24

《報告》ファシリテーター養成講座を開催しました~仙台レインボーハウス~

5月13日(土)、14日の2日間、仙台レインボーハウスであしなが育英会とNPO法人子どもグリーフサポートステーション共催のファシリテーター養成講座を行いました。養成講座には学生や一般の方、合わせて11名に受講いただきました。



養成講座では、ニュースビテオを見ながら子どもたちの心持ちを理解すること、ファシリテーターとしてのスキルの確認と、ロールプレイを中心に行いました。子ども役とファシリテーター役に分かれてスキルの実践に取り組み、お互いの気づきを大切にしながら進めていきました。



最初は緊張していた方もいらっしゃいましたが、ロールプレイを通して、自然と表情も場の雰囲気も和らいでいきました。

また、ご自身の喪失体験を振り返るワークでは「グループの人の話を聞いて、いろいろな人がいる、自分だけじゃないんだなと感じました」「ワークをするまでは、自分の経験は大したことがないと思っていた。話してみてすっきりしました」など、自分のグリーフに丁寧に触れることを通じて、レインボーハウスの活動の意味を感じられていました。



養成講座を受講いただいた皆さんには今後、あしなが育英会やNPO法人子どもグリーフサポートステーションが主催・共催するプログラムにご参加いただきます。


2017-04-18

ファシリテーター養成講座の開催について~仙台レインボーハウス~

震災・津波遺児らの心に寄り添う
ボランティア(ファシリテーター)養成講座の参加者募集



募集概要

主催あしなが育英会
NPO法人子どもグリーフサポートステーション
※お預かりしました個人情報につきましては、両団体において共有し、厳重に管理いたします。
※受付窓口は NPO 法人子どもグリーフサポートステーションとなります。受講者への事務連絡、領収書の 発行は NPO 法人子どもグリーフサポートステーションが行います。
日程2017年5月13日(土)〜14日(日)
※2日間の参加が必須です
時間10:00〜16:30(両日とも)
場所仙台レインボーハウス(仙台市青葉区五橋 2-1-15)
※駐車場のご利用を希望される方は、事前にご相談ください
講師西田 正弘(あしなが育英会 東北事務所所長)
相澤 治(NPO法人子どもグリーフサポートステーション グリーフプログラムディレクター)
参加費一般 4,000 円、学生 3,000 円(テキスト代込)
定員30名(一般 10名、学生 20名)

対象

あしなが育英会および子どもグリーフサポートステーションが月に2回開催している「グリーフプログラム」に、 年4回以上ご参加いただける18歳以上の男女。経験、資格、学部学科等は問いません。

内容

養成講座の内容:病気や事故、自死、震災などにより、父親や母親、きょうだいや祖父母、友だちなどの大切な人を亡くして、グリーフ(なくなった人・ものへの愛おしい気持ち、悲しみ、痛みなど様々な気持ち)を抱えた子どもを支える「グリーフサポート」のための知識と、子どもに寄り添うためのスキルを学びます。また、受講者が自分自身のグリーフを振り返り、自分自身のケア(セルフケア)について考える時間もあります。

参加申込

申し込み・問合せ:電話、メール、申込フォームからお申込みください。

その際、以下の項目をお知らせください。

  1. お名前(ふりがな)
  2. 年齢
  3. 連絡先(メール・電話)
  4. 職業・所属(校名、学部、学科等)
  5. 性別
  6. 申し込みの動機

申し込み・問合せ先

電話:022-796-2710
メール:info@cgss.jp
申込フォーム:申込フォームはこちら(別ウインドウが開きます)

申込締切:2017年5月10日(水)

(申込状況により早めに締め切る場合があります)

講座で学ぶこと

1日目グリーフサポートについての基礎知識、グリーフサポートの役割、自分のグリーフを振り返る
2日目グリーフプログラムの実際、子どもに寄り添うためのスキル、グループワーク・スキル練習 など

※グループワークを中心とした講座です。体を動かすこともありますので、動きやすい服装でご参加ください。

仙台ファシリテーター養成講座チラシ

アイコンをクリックしてチラシをご覧いただけます。


ファイルイメージ

2017-02-01

ファシリテーター養成講座の開催について~仙台レインボーハウス~

震災・津波遺児らの心に寄り添う
ボランティア(ファシリテーター)養成講座の参加者募集



募集概要

主催あしなが育英会
NPO法人子どもグリーフサポートステーション
※お預かりしました個人情報につきましては、両団体において共有し、厳重に管理いたします。
※受付窓口は NPO 法人子どもグリーフサポートステーションとなります。受講者への事務連絡、領収書の 発行は NPO 法人子どもグリーフサポートステーションが行います。
日程2017年2月11日(土)〜12日(日)
※2日間の参加が必須です
時間10:00〜16:30(両日とも)
場所仙台レインボーハウス(仙台市青葉区五橋 2-1-15)
※駐車場のご利用を希望される方は、事前にご相談ください
講師西田 正弘(あしなが育英会 東北事務所所長)
相澤 治(NPO法人子どもグリーフサポートステーション グリーフプログラムディレクター)
参加費一般 4,000 円、学生 3,000 円(テキスト代込)
定員30名(一般 10名、学生 20名)

対象

あしなが育英会および子どもグリーフサポートステーションが月に2回開催している「グリーフプログラム」に、 年4回以上ご参加いただける 18 歳以上の男女。経験、資格、学部学科等は問いません。

内容

養成講座の内容:病気や事故、自死、震災などにより、父親や母親、きょうだいや祖父母、友だちなどの大 切な人を亡くして、グリーフ(なくなった人・ものへの愛おしい気持ち、悲しみ、痛みなど様々な気持ち)を抱え た子どもを支える「グリーフサポート」のための知識と、子どもに寄り添うためのスキルを学びます。また、受講者が自分自身のグリーフを振り返り、自分自身のケア(セルフケア)について考える時間もあります。

参加申込

申し込み・問合せ:電話、メールからお申込みください。
その際、以下の項目をお知らせください。

  1. お名前(ふりがな)
  2. 年齢
  3. 連絡先(メール・電話)
  4. 職業・所属(校名、学部、学科等)
  5. 性別
  6. 申し込みの動機

申し込み・問合せ先

電話 : 022-796-2710
メール : info@cgss.jp

申込締切 : 2017年2月8日(水)
(申込状況により早めに締め切る場合があります)

講座で学ぶこと

1日目グリーフサポートについての基礎知識、グリーフサポートの役割、自分のグリーフを振り返る
2日目グリーフプログラムの実際、子どもに寄り添うためのスキル、グループワーク・スキル練習 など

※グループワークを中心とした講座です。体を動かすこともありますので、動きやすい服装でご参加ください。


2016-11-24

《報告》ファシリテーター養成講座を開催しました~石巻レインボーハウス~

 10月29日(土)石巻レインボーハウスでファシリテーター養成講座を行いました。当初は2日間の予定でしたが、運営上の都合により、内容と時間を変更し1日での開催とさせていただきました。


 養成講座ではファシリテーターとしてのスキルの確認と、ロールプレイを中心に行いました。子ども役とファシリテーター役に分かれてスキルの実践に取り組み、お互いの気づきを大切にしながら進めていきました。
 最初は緊張していた表情も、遊びを通してお互いを知ることで、自然と表情も場の雰囲気も和らいでいきました。




 受講いただいた皆さんには、今後それぞれのタイミングであしなが育英会のプログラムに参加していただきます。


 石巻レインボーハウスでは年内のプログラムとして子どもたちが楽しみにしている、こどもぼうねんかい(宿泊プログラム)などを予定しています。ファシリテーターの方々と子どもたちがどんな関わりをもって過ごすか、スタッフも楽しみです。


2016-10-20

≪報告≫ファシリテーター養成講座を開催しました~陸前高田レインボーハウス~


 9月10日(土)、11日(日)の2日間、陸前高田レインボーハウスでファシリテーター養成講座を行いました。この講座は、あしなが育英会東北事務所が主催し、大船渡保健福祉環境センター、NPO法人子どもグリーフサポートステーションに共催いただき、開催しました。
 養成講座には、県内外の学生と一般の方、22名が受講されました。
 被災地でのフィールドワークや、ファシリテーターとしてのスキルの確認とロールプレイを中心に行い、お互いの気づきを大切にしながら進められました。



 そして、休憩時間には被災地にお住まいの方と内陸部にお住まいの方が、「今、自分にできることは何か」「現在はどのようなサポートが必要なのか」などお話しされている様子も印象的でした。
 受講いただいた皆さんには、養成講座後にそれぞれのタイミングであしなが育英会やNPO法人子どもグリーフサポートステーションが主催・共催するプログラムに参加していただきます。