ひとりじゃないよと伝えたい 東北レインボーハウスの活動報告とお知らせ

2016-02-29

ウガンダ人留学生にガンダ語を学ぶ

現在、あしながウガンダに登録をしていたエイズ遺児のウガンダ人4人が、仙台の高校に留学生として在学しています(2年生2人、1年生2人)。高校3年間、日本人の学生と一緒に勉学をともにします。

2014年からあしなが育英会とヴァッサー大学の主催で行っているコラボレーション音楽会「世界がわが家」は、2016年夏にアフリカのウガンダで公演を行うことが決まっています。
昨年までの様子は世界がわが家ホームページをご覧ください。

2月14日、仙台レインボーハウスで、「世界がわが家」東北チームの練習がありました。震災遺児の小学生、中学生、高校生、大学生、専門学校生の12人が参加しました。


その中で、休憩時間にウガンダ人留学生が講師となり、ガンダ語のレッスンを行ってくれました。日本に住んでいると、なかなか馴染みのないガンダ語ですが、震災遺児はみんな熱心に学んでいました。


お互いの言葉や文化を知ることは、お互いを知ることにつながります。これからもこのような交流を続けていきたいと思います。