ホーム  >  ニュース/コラム  >  熊本で「あしながボランティアウォーク」を開催

熊本で「あしながボランティアウォーク」を開催

2017年05月26日 [ニュース/コラム]

熊本県八代市で25周年 参加費と募金をあしなが育英会に寄付

 熊本県八代市で14日、病気、災害、自死で親を亡くした子どもたちを支援するウォーキングイベント「あしながボランティアウォークin八代」(「あしながPウォーク10 八代コース」から名称を変更)が開催されました。24時間テレビ八代ボランティア協会が主催し、1,065人が参加しました。イベント終了後、参加費と募金361,337円があしなが育英会へ奨学金として寄付されました。あしながボランティアウォークin八代は今年で25周年を迎えました。



 当日は、天候にも恵まれ、球磨川河川敷スポーツ公園に参加者が集合。バルセルナ五輪バトミントン元日本代表の陣内貴美子さんのかけ声でスタートしました。

 開会式では、あしなが育英会奨学生で熊本高等専門学校5年の濱崎友宏さん(20)があいさつ。奨学生としての経験とあしなが学生募金の活動報告を行った上で「勇気をもらいました。私たちは一人ではないと強く感じました」と語りました。



ページの先頭へ戻る