レインボーハウスからのお知らせ

2017-12-15

ファシリテーター(心のケアボランティア)養成講座の開催について ~東京・神戸~

あしながレインボーハウス(東京都日野市)及び神戸レインボーハウス(神戸市東灘区)では、親を亡くした子どもの心に寄り添うボランティア・ファシリテーターの養成講座を開催します。

全国には、親を亡くした子どもが40万人います。子どもにとって、親を亡くすことは経済的な基盤だけでなく精神的にも大きな支えを失うことになります。子どもの時に親を亡くした子どもたちは、どんな感情を心の中に抱えて人生を歩んでいくのでしょうか。
レインボーハウスでは、親を亡くした子どもたちが安心して自分の思いを表現できるよう、宿泊や日帰りなどのサポートプログラムを毎月開催しています。
サポートプログラムの開催には、ボランティアのみなさまの協力が必要不可欠です。
多くの方のご受講をお待ちしております。

受講を希望される方は、郵送もしくはFAXにてお申し込みください。

参加者募集要項

主催あしなが育英会 あしながレインボーハウス/神戸レインボーハウス
日時・場所【あしながレインボーハウス(東京都日野市)】
2018年3月3日(土)~4日(日)2日間とも11:00~17:00
(京王線・百草園=もぐさえん=駅から徒歩約15分)
【神戸レインボーハウス(神戸市東灘区)】
2018年2月24日(土)~2月25日(日)2日間とも11:00~17:00
(JR甲南山手駅、または阪神深江駅から徒歩10分)
募集人数【あしながレインボーハウス】
募集人数 50人(学生30人、一般20人)
【神戸レインボーハウス】
募集人数 40人(学生30人、一般10人)
進行あしなが育英会職員
内容①死別体験を持つ子どもの悲嘆についての基礎知識
②子どもへの具体的な援助スキル(講義とロールプレイ)
③あしながレインボーハウスまたは神戸レインボーハウスの活動内容について
参加費学生1,000円、一般2,000円。講座の初日に受付でお支払いください
応募条件①2日間の講座すべてに参加できる方
②2018年4月1日時点で18歳以上65歳未満の方
③あしながレインボーハウスまたは神戸レインボーハウスの活動にボランティアで参加の意志がある方
申し込み事前申込制です。
下記より、受講を希望される講座会場の「案内文」と「受講申込書」をダウンロードしお申し込みください。

▼東京日野市 あしながレインボーハウス 養成講座案内状


ファイルイメージ

▼東京日野市 あしながレインボーハウス 受講申込書


ファイルイメージ

▼神戸レインボーハウス 養成講座案内状


ファイルイメージ

▼神戸レインボーハウス 受講申込書


ファイルイメージ

E-mailにてご請求頂くことも可能です。
(東京rainbow@ashinaga.org、神戸rainbow-k@ashinaga.org)。
その場合は、①お名前 ②郵便番号 ③住所 ④電話番号を必ずご記入ください。
定員を超える申し込みがあった場合は、着順等で調整させていただきます。

締め切り

【神戸レインボーハウス(神戸)】 2月21日(水)必着。
【あしながレインボーハウス(東京)】 2月8日(木)必着。


申込書を記入し、受講を希望される講座会場へ郵送、もしくはFAXにてお申し込みください。住所、FAX番号は下記をご覧ください。

その他

①2日間の講座を受講された方に「修了証」を発行します。
②修了者の中でファシリテーターの希望者を対象に「ポストミーティング」を行います。詳細は別紙を参照ください。
③受講されてもボランティアをご遠慮いただく場合もございます。ご了承ください。
④原則、受講された会場でのサポートプログラムにご参加いただくことになります。
⑤質問やご不明な点がございましたら、お気軽に受講を希望される講座会場へお問い合わせください。

申し込み・問い合わせ先

【あしながレインボーハウス(東京都日野市)】
(担当:小宮山・辻)
〒191-0033 東京都日野市百草892-1  
TEL 042-594-2418 FAX 042-594-7088
E-mail:rainbow@ashinaga.org 

【神戸レインボーハウス(神戸市東灘区)】
(担当:富岡・峰島)
〒658-0012 神戸市東灘区本庄町1-7-3
TEL 078-453-2418 FAX 078-412-2418 
E-mail: rainbow-k@ashinaga.org 

▼あしながレインボーハウス 養成講座チラシ


ファイルイメージ

2017-12-01

雪あそびのつどい開催のお知らせ


 あしながレインボーハウス・神戸レインボーハウス合同で初めての「全国雪あそびのつどい」を開催します。みんなで一緒に、雪あそびを楽しみませんか?かまくら作りや満天の星を眺めたり、大自然の中で、同じ境遇の遺児同士や大学生のボランティア(ファシリテーター)と交流を深めます。初めての方のご参加大歓迎。お気軽にお問い合わせください。みなさまのご参加をお待ちしております!

日 程2018年2月10日(土)~12日(月・祝)2泊3日
場 所兵庫県立兎和野高原野外教育センター
(兵庫県美方郡香美町村岡区宿字兎和野791−1)
集 合神戸レインボーハウスもしくはJR新神戸駅
対 象小学校3年生~中学生3年生の遺児
内 容雪遊び、ウィンタースポーツ、心のケアプログラム
(※スキーは行いません)
参加費参加費・宿泊費・食費無料です。集合場所までの交通費は子ども一人につき5000円まで自己負担。
超過分をあしなが育英会で補助します。 
締 切2017年12月13日(水)必着

 

問い合わせ・申し込み先

◇あしながレインボーハウス 担当:小宮山・辻
Tel:042-594-2418
E-Mail:rainbow@ashinaga.org

◇神戸レインボーハウス 担当:富岡・峰島
Tel:078-453-2418
E-Mail: rainbow-k@ashinaga.org

雪あそびのつどい チラシダウンロード


ファイルイメージ

2017-12-01

全国小中学生遺児・海水浴のつどい開催報告


 8月20日~22日の2泊3日で「海水浴のつどい」が開催されました。昨年に引き続き、あしなが・神戸レインボーハウスの合同での開催です。いえしま自然体験センターに全国から54名の小中学生と40名のファシリテータ―が集いました。

 亡くなった家族や学校生活、将来についてなど、体験や想いを語り合い、全国の親を亡くした仲間との絆を深めました。

 海水浴の時間には、砂浜に大きな穴を掘ったり、沖の浮島まで泳いで競争をしたりと、思い思いに遊びを楽しみました。すいか割りやビーチフラッグは大いに盛り上がり、2泊3日中笑顔あふれるつどいとなりました。

 一人で参加した遺児も多く、つどいを通してたくましく成長した様子も見られました。最終日には子どもたち同士やファシリテーターと再会の約束をする姿が印象的でした。



子どもたちの作文より

今までは周りにお父さんやお母さんを亡くした人がいなくて、亡くなった時の話はしたことがなかった。今回、久しぶりにお父さんのことを考え、それを言うことができたので心がスッとしてよかった。また、周りに自分と同じ悲しみを持っている人がいると思うと心が軽くなった。参加できたのは世界中のあしながさんのおかげなので、感謝しています。(中2男子)

ぼくは、今もお父さんのことを思うと残念な気もちになります。今この作文は海のつどいで書いています。海は冷たく気持ちいいです。しょう来はがんばってたくさん勉強をして、ファシリテータ―になりたいです。今日の心のケアプログラムでいろんなことを話して聞いたので、スッキリしました。(小5男子)

お父さん、元気にずっと生きていてほしかったです。きのう海水浴はいりました。しょっぱかったです。バス・船にのるのでおくすりを1人ではじめてのみました。すごいですか。心のおくでいつもお父さんを思っています。どんなおもいであの世にいったのですか。きになります。いつも本当に大すきです。(小3女子)

 あしなが・神戸レインボーハウスの次回の合同開催行事は、2018年2月10~12日(2泊3日)に兵庫県美方郡での「雪あそびのつどい」を予定しています。
詳細は、雪あそびのつどい開催案内の記事をご覧ください。


2017-07-13

海水浴のつどい開催のお知らせ 〜一緒に海水浴やキャンプファイヤーをしませんか?〜


 あしながレインボーハウス(東京)、神戸レインボーハウス(兵庫)では、下記の通り「海水浴のつどい」を開催致します。
海水浴、すいか割り、ゲーム大会、キャンプファイヤーなど楽しいプログラムを準備しています。家族や学校のことなどを語り合うおしゃべりタイムもあります。2泊3日を一緒に過ごしませんか。
 レインボーハウスのプログラムが初めての方のご参加を、特にお待ちしております。
お気軽にお問い合わせください。

日 程8月20日(土)~22日(火)2泊3日
場 所兵庫県立いえしま自然体験センター
(姫路港より船で40分)
集 合神戸レインボーハウスもしくはJR姫路駅
対 象全国の小・中学生遺児と保護者(1世帯1名まで)
*保護者の付き添いは初参加の世帯に限ります。
内 容海水浴、ゲーム大会、キャンプファイヤー、心のケアプログラムなど
参加費無料(交通費の補助もあります) 
締 切7月26日(水)

※海水浴のつどいのボランティアも同時に募集しています。詳細はお問い合わせください。

問い合わせ・申し込み先

◇あしながレインボーハウス 担当:小宮山・辻
Tel:042-594-2418
E-Mail:rainbow@ashinaga.org

◇神戸レインボーハウス 担当:富岡・峰島
Tel:078-453-2418
E-Mail: rainbow-k@ashinaga.org

海水浴のつどい チラシダウンロード


ファイルイメージ

2017-07-13

遺児体験談募集と作文集発刊のお知らせ ~親を亡くした体験談を広く募集しています~

『こころに虹がかかるまで』表紙

 このたび、東京・あしながレインボーハウス、神戸レインボーハウスでは、作文集『こころに虹がかかるまで』を発行いたしました。
 神戸レインボーハウス22年、あしながレインボーハウス10年の活動で出会った子どもたちの「親を亡くした悲しさ」や、レインボーハウスを巣立っていった子どもたちがどのように成長していったか。その心の軌跡をお伝えできればと思っています。ぜひご一読ください。

 亡くなったご両親との思い出やメッセージ、「母の日、父の日」のエピソードなどを募集しています。レインボーハウスの子どもたちや、全国の遺児経験をお持ちの方々と、ご両親への想いや遺児としての体験を共有できればと考えています。
 みなさんよりお寄せいただきました体験談は、来春母の日父の日にあわせて冊子などの形でまとめる予定です。多くの体験談をお寄せください。
締め切りは2017年9月末です。

 阪神大震災遺児の「心のケア」から始まったレインボーハウスの活動は、いまや全国の病気・災害・自死遺児へと支援対象が広がりました。また、世界中からご支援をいただき、「恩返し運動」として海外の災害遺児支援に取り組み、アフリカの子どもたちの支援にも繋がっています。

◇作文集は無料で配布しております。
送付のご希望、体験談については、あしながレインボーハウス(042-594-2418)までご連絡ください。