レインボーハウスからのお知らせ

2016-07-08

海水浴のつどい開催のお知らせ

〜一緒に海水浴やキャンプファイヤーをしませんか?〜

 あしながレインボーハウス(東京)、神戸レインボーハウス(兵庫)では、下記の通り「海水浴のつどい」を開催致します。海水浴、すいか割り、ゲーム大会、キャンプファイヤーなど楽しいプログラムを準備しています。家族や学校のことなどを語り合うおしゃべりタイムもあります。2泊3日を一緒に過ごしませんか。
 特に、つどいが初めての方のご参加をお待ちしております。

日 程:8月19日(金)~21日(日)2泊3日
場 所:兵庫県立いえしま自然体験センター(姫路港より船で40分)
集 合:神戸レインボーハウスもしくはJR姫路駅
対 象:全国の小・中学生遺児と保護者(1世帯1名まで)
    *保護者の付き添いは初参加の世帯に限ります。
内 容:海水浴、ゲーム大会、キャンプファイヤー、心のケアプログラムなど
参加費:無料(交通費の補助もあります) 
締 切:7月20日(水)

*集合時間や集合場所、持ち物などの詳細やご不明な点などお気軽にお問合せください。

あしながレインボーハウス 担当:富岡(とみおか)・小宮山(こみやま)
Tel:042-594-2418
E-Mail:rainbow@ashinaga.org

神戸レインボーハウス 担当:八木(やぎ)・峰島(みねじま)
Tel:078-453-2418 
E-Mail: rainbow-k@ashinaga.org

☆写真は昨年の様子です☆




2016-07-06

ファシリテーター養成講座開催のご報告

あしながレインボーハウス(東京都日野市)では、2016年6月18日(土)~19日(日)、さまざまな理由で親を亡くした子どもたちの心に寄り添うボランティア「ファシリテーター」の養成講座を開催しました。23名の方が2日間の講座を受講されました。



受講された皆様には、レインボーハウスの活動や遺児の心に寄り添うスキルなどを学んでいただきました。夏休みのつどいから、ファシリテーターや運営ボランティアとしてプログラムにご参加いただく予定です。


レインボーハウスでは、毎年「ファシリテーター養成講座」を開催しています。
ボランティアをご希望の方は、養成講座を受講ください。
次回の開催は、2017年2月25日(土)、26日(日)両日とも11時~17時です。
ホームページで告知いたします。

館内のご見学は随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

あしながレインボーハウス 担当:富岡(とみおか)・小宮山(こみやま)
〒191-0033 東京都 日野市百草(ひのしもぐさ)892-1
Tel:042-594-2418  Fax:042-594-7088
E-Mail:rainbow@ashinaga.org


2016-07-06

【6月ワンデイプログラム】

あしながレインボーハウス(東京都日野市)では、2016年6月12日(日)にワンデイプログラムを開催しました。
14名の子どもたちと10名の保護者の方々、15名のファシリテーター、ボランティアの皆様が参加しました。

お天気に恵まれたこの日は、広場でシャボン玉あそびを楽しむ姿が見られました。
その他、ホールで寝転がったり、お絵描きをしたりと好きなように過ごしていました。
卓球やサッカーで身体を動かす子も多かったです。



今月は、お話しの時間にボトルサンドアートづくりをしました。
ボトルの中にカラーサンドを入れてつくる世界に1つだけの作品です。
亡くなったお父さんやお母さんへ伝えたいことや、一緒にしたいこと、今の気持ちなどを思い思いに書いた小さな紙をカプセルに入れて、ボトルの中に埋め込みました。
カラーサンドの選び方もそれぞれ。自分の心と向かい合う時間になったのではと思います。



ワンデイプログラムは首都圏近郊の方を対象としております。
遺児家庭のご参加を随時募集しておりますので、お気軽にお問合せください。


次回、ワンデイプログラムは、7月3日(日)、8月28日(日)です。
(7月は七夕パーティーを開催します)

あしながレインボーハウス 担当:富岡(とみおか)・小宮山(こみやま)
〒191-0033 東京都 日野市百草(ひのしもぐさ)892-1
Tel:042-594-2418  Fax:042-594-7088
E-Mail:rainbow@ashinaga.org


2016-06-17

【5月 ワンデイプログラム】

あしながレインボーハウス(東京都日野市)では、2016年5月15日(日)に、今年度初めてのワンデイプログラムを開催しました。
今回は、16名の子どもたちと11名の保護者の方々が参加しました。ファシリテーター、スタッフも合わせて総勢44名でのプログラムとなりました。初参加も1世帯あり、お子さんとお母さんで訪れてくださいました。
4月はワンデイプログラムがお休みだったので、久しぶりのプログラムを楽しみにしている子どもたちが大勢いたようです。絵を描いたり、遊びの部屋の砂場で宝探しをしたり、火山の部屋で思いっきり発散したりと、思い思いに時間を過ごしていました。

今月のワンデイでは、希望者のみで「自分のためだけのブレスレットづくり」を行いました。
自分や家族、亡くなった大切な人などを思い浮かべながら選んだ3色のビーズとウッドビーズでつくる、簡単なブレスレットです。
ブレスレットづくりには、年長~中3の女の子8名が参加しました。





今月から、新しいファシリテーターも2名加わり、ワンデイプログラムがますますにぎやかになりました。
ワンデイプログラムは首都圏近郊の方を対象としております。
遺児家庭のご参加を随時募集しておりますので、お気軽にお問合せください。

次回、ワンデイプログラムは、6月12日(日)、7月3日(日)です。
(7月は七夕パーティーを開催します)

あしながレインボーハウス 担当:富岡(とみおか)・小宮山(こみやま)
〒191-0033 東京都 日野市百草(ひのしもぐさ)892-1
Tel:042-594-2418  Fax:042-594-7088
E-Mail:rainbow@ashinaga.org


2016-06-17

全国小中学生遺児のつどい 5月の様子

あしながレインボーハウス(東京都日野市)では、2016年5月3(火)~5日(木)の2泊3日、「全国小中学生遺児のつどい」を開催しました。
岩手県から沖縄県まで、全国各地から病気・自死・津波遺児と保護者の方が集いました。
今月は子どもたちが43名と大人数の参加。新学期になり、進級や進学など環境の変化がある中で、
レインボーハウスに来るのを心待ちにしていた子どもたちがたくさんいました。

今月は、学生寮「あしなが心塾」の長期インターン生ジョセフさんが、ファシリテーターとしてつどいに参加してくれました。
歌のお兄さん役を務めたジョセフさん。「歌のアメリカ人です!」と自己紹介し、開会式から子どもたちに大人気でした。
つどいのテーマソング「ともだちになるために」の1番の歌詞を英訳して教えてくれました。



初めは戸惑っていた子どもたちも、閉会式では大きな声を出して楽しんで歌いました。


5月のつどい初日の晩は嵐でしたが、翌朝には快晴に!
2日目は、野外でのピザ作りもばっちり楽しむことができみんな大喜びでした。



心のケアプログラムの時間には、亡くなった大切な人や、学校生活、将来の夢などについて語り合いました。
また、今月は夜のキャンドルサービスを班ごとに行いました。灯りをみながら、静かに自分の心を見つめる時間です。いつもより小さな輪で、班の絆がぐっと縮まった様子でした。


最終日は、子どもたち同士で「また会おうね!」と約束を交わす姿が見られました。


次回のつどいは、7月16日(土)~18日(月)
       8月19日(金)~21日(日)を予定しております。
※8月は神戸レインボーハウスと合同で海水浴のつどいを開催します。
        
遺児家庭のご参加を随時募集しておりますので、お気軽にお問合せください。

あしながレインボーハウス 担当:富岡(とみおか)・小宮山(こみやま)
〒191-0033 東京都日野市百草(ひのしもぐさ)892-1
Tel:042-594-2418  Fax:042-594-7088
E-Mail:rainbow@ashinaga.org