レインボーハウスからのお知らせ

2016-05-17

ファシリテーター養成講座の開催について

あしながレインボーハウス(東京都日野市)では、さまざまな理由で親を亡くした小中学生へのサポートプログラムを毎月行っています。子どもたちに寄り添い、活動を支えるボランティア「ファシリテーター」の養成講座を開催します。ボランティアをご希望の方は、養成講座をご受講ください。

▼本講座のチラシ


ファイルイメージ

募集要項

日時:
2016年6月18日(土)~19日(日)両日とも11:00~17:00
※2日間の受講が必須です

場所:
あしながレインボーハウス(京王線・百草園=もぐさえん=駅から徒歩約15分)

定員:
学生30人、一般10人(事前申し込み制、先着順です)

受講料:
学生1,000円、一般2,000円

応募条件:
①2日間の講座すべてに参加できる方
②2016年4月1日時点で18歳以上55歳未満の方
③「全国小中学生遺児のつどい」にボランティアで参加の意思のある方

進行:
あしなが育英会職員

内容:
①死別体験を持つ子どもの悲嘆についての基礎知識
②子どもへの具体的な援助スキル(講義とロールプレイ)
③あしながレインボーハウスの活動内容について

申込方法:
事前申し込み制です。あしながレインボーハウス(rainbow@ashinaga.org)まで、①お名前②郵便番号③住所④電話番号をご連絡ください。申込用紙を郵送します。記入の上、郵送またはFAXにて申し込みください。

締め切り:6月8日(水)必着。

※下記より、案内状と受講申込書をダウンロードしての申し込みも可能です。

▼養成講座案内状


ファイルイメージ

▼受講申込書


ファイルイメージ

※受講をご希望のみなさまへ
5月17日に更新した記事では、申込書に不備がございました。本講座の申込書は2枚ございます。
2枚両方のご記入をお願いいたします。お手数をおかけしまして申し訳ございませんでした。


※今回の開催は東京のみとなります。神戸レインボーハウスでの開催はありません。
質問やご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

申し込み・問い合わせ先

あしながレインボーハウス(担当:富岡、小宮山)
〒191-0033 東京都日野市百草892-1  
TEL:042-594-2418 FAX:042-594-7088
E-mail:rainbow@ashinaga.org


2016-05-17

あしながレインボーハウス・神戸レインボーハウス 参加者募集のお知らせ

あしながレインボーハウス(東京都日野市)と神戸レインボーハウスでは、さまざまな理由で親を亡くした子どもたちへのサポートプログラムを、毎月1回~2回のペースで開催しています。遺児家庭のご参加を随時募集しています。
2016年度の日程や詳細につきましては、下記PDFファイルをダウンロードいただき、ご確認ください。みなさまのご参加をお待ちしております。

PDFファイルのダウンロード

▼あしながレインボーハウス(東京)パンフレット(表・裏)


ファイルイメージ

▼神戸レインボーハウス パンフレット(表・裏)


ファイルイメージ

☆あしながレインボーハウスの宿泊プログラムは、全国から参加できます。
神戸レインボーハウスの宿泊プログラムは、西日本在住の方が対象になります。
 いずれも、日帰りのプログラムは近隣の方が対象です。

質問やご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

参加申し込み・問い合わせ先

【あしながレインボーハウス(東京都日野市)】
(担当:富岡、小宮山)
〒191-0033 東京都日野市百草892-1  
TEL: 042-594-2418 FAX :042-594-7088
E-mail:rainbow@ashinaga.org 

【神戸レインボーハウス(神戸市東灘区)】
(担当:八木)
〒658-0012 神戸市東灘区本庄町1-7-3
TEL: 078-453-2418 FAX: 078-412-2418 
E-mail: rainbow-k@ashinaga.org


2016-05-11

【3月 ワンデイプログラム】

あしながレインボーハウス(東京都日野市)では、2016年3月27日(日)にワンデイプログラムを開催しました。
病気、災害、自死などさまざまな理由で親を亡くした年少から中学3年生まで14名の子どもたちと、その保護者9名が参加しました。ファシリテーター、スタッフも合わせて総勢35名でのプログラムとなりました。
初めての参加も2世帯あり、どちらもお母さんと兄妹でレインボーハウスを訪れてくれました。



はじまりの輪でみんなの名前を覚えます


この日は天気に恵まれたこともあり、身体を動かして遊ぶ子どもたちがとても多かったです。
小学生の男の子たちは、ホールでのサッカーを思いきり楽しんでいました。
卓球をしたり、外ではバトミントンや鬼ごっこをする姿も。
アートの部屋でのお絵かきや、遊びの部屋の砂場やおもちゃで宝探し…
などなど、みんなそれぞれに遊んでいました。




子どもたちの元気な声でにぎやかな1日となりました。


3月のワンデイプログラムで、2015年度のプログラムはすべて無事に終了いたしました。
2016年度も、どうぞよろしくお願いいたします。


新年度初回のワンデイプログラムは、5月15日(日)13時~16時半です。
(4月はお休みです)
遺児家庭のご参加を随時募集しておりますので、お気軽にお問合せください。

あしながレインボーハウス 担当:富岡(とみおか)・小宮山(こみやま)
〒191-0033 東京都 日野市百草(ひのしもぐさ)892-1
Tel:042-594-2418  Fax:042-594-7088
E-Mail:rainbow@ashinaga.org


2016-05-11

全国小中学生遺児のつどい 3月の様子

あしながレインボーハウス(東京都日野市)では、2016年3月19(土)~21日(月・祝)の2泊3日で「全国小中学生遺児のつどい」を開催しました。
全国各地から40名の病気・自死・津波遺児と、付き添いの保護者の方16名が参加しました。ファシリテーター、スタッフも合わせると100名を超える、大人数のつどいとなりました。

1日目。班対抗のゲーム大会の様子です。
みんなとても真剣です!





とても大人数でのつどい。食事の様子はこんな感じでした。





2日目の野外クッキングでは五平餅作りにチャレンジしました。





心のケアプログラムやキャンドルサービスの時間には、
それぞれの死別体験や、悩み事、将来の夢などについて語り合いました。
ファシリテーターや友達と話しながら、ゆっくり自分の心と向かい合いました。





3日目、つどい最終日。
レインボーハウス2階の廊下に、素敵なメッセージツリーが完成しました!
葉っぱには、最後のつどい参加となる中学3年生がメッセージを綴りました。

「あしなががなかったら、今の自分はいなかったかもしれないと思うくらい感謝しています」
「レインボーハウス好きだったな~。あしながさんありがとう。みんな大事にしてね!」

などなど、それぞれの気持ちを書いてくれました。

今後、この木が卒業生のメッセージでいっぱいになる頃には、
ファシリテーターとしてレインボーハウスに帰ってくる子がいるかもしれませんね。



次回のつどいは、5月3日(火・祝)~5日(木・祝)
        7月16日(土)~18日(月・祝)を予定しております。

        
遺児家庭のご参加を随時募集しておりますので、お気軽にお問合せください。

あしながレインボーハウス 担当:富岡(とみおか)・小宮山(こみやま)
〒191-0033 東京都 日野市百草(ひのしもぐさ)892-1
Tel:042-594-2418  Fax:042-594-7088
E-Mail:rainbow@ashinaga.org


2016-05-11

【ファシリテーター養成講座開催のご報告】

あしながレインボーハウス(東京都日野市)では、2016年2月27日(土)~28日(日)、さまざまな理由で親を亡くした子どもたちの心に寄り添うボランティア「ファシリテーター」の養成講座を開催しました。
18名の方が2日間の講座を受講され、レインボーハウスの活動や遺児の心に寄り添うスキルなどを学んでいただきました。



今回の講座を終了された方には、新年度よりファシリテーターや運営ボランティアとしてプログラムにご参加いただきます。

レインボーハウスでは、毎年「ファシリテーター養成講座」を開催しています。
ボランティアをご希望の方は、養成講座を受講ください。


次回の開催は、2016年6月18日(土)、19日(日)両日とも11時~17時です。
(※東京のみで開催)
ホームページで告知いたします。

館内のご見学は随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。


あしながレインボーハウス 担当:富岡(とみおか)・小宮山(こみやま)
〒191-0033 東京都 日野市百草(ひのしもぐさ)892-1
Tel:042-594-2418  Fax:042-594-7088
E-Mail:rainbow@ashinaga.org