1. HOME
  2. あしなが育英会とは
  3. スタッフ紹介
  4. 林 若可菜
林 若可菜

林 若可菜

Wakana Hayashi

マーケティング部

入社のきっかけ

地元から離れた大学に入学した直後、両親が離婚し、家計が一変しました。弟も精神的な病気になり、父親は離婚後トラブルメーカーになり、精神的にも経済的にも頼るところがない境遇を生きてきました。幸いにも友人や周囲の大人に恵まれたことや、進学した外国語大学で国際協力学を専攻しミックスカルチュラルな価値観を構築してきたおかげで、人生を諦めてしまうことなく生き抜いて来れのだと思います。 しかし、その過程で味わった苦しさ・つらさは相当なものでした。だからこそ、自分と同じように「自分ではどうしようもない環境や境遇のために、壁にぶつかったり自由な選択肢を掴めずにいたりする若者に、最大限の可能性を味わってもらえる社会を作りたい」との強い想いを持つようになり、青少年支援の分野に身を投じようと決意しました。そのため、あしなが育英会に入るまでには、広域通信制高校の先生として全国の刺激的な高校生と汗と涙の日々を過ごしたり、カンボジアの不登校の高校生研究をする大学院生になったり、大阪の某市役所の人権政策室で在住外国人のための政策作りに関わったり、JICAボランティアとして中米ニカラグアの薬物使用のストリートユースを支援するセンターで働いてきたり、という多岐にわたる青少年支援の経験があります。 国際協力の分野を目指していましたが、ニカラグアで「日本人の大人として日本の青少年支援にも関わる責任がある」と感じるようになり、帰国後にその両方に携われる仕事を探してググったところ「あしなが育英会」に出会って、ここで働くことになりました。

仕事の内容・やりがい

マーケ部では主に日本語でのSNSの運用やファンドレイジング・キャンペーンの企画・実施などを担当しています。広報や寄付集めというと、営業的な位置づけみたいに聞こえるかもしれませんが、私自身が最も大切にしていることは、遺児たちと支援者の想いをつなぐことです。 「自分と同じようにつらい思いをする遺児が一人でも減るように」と声を上げる遺児学生たちの想いを「あしながさん」たちに届け、それを受けてあたたかいご支援や優しさを送ってくださる「あしながさん」たちのココロをまた学生たちに届けていく。それが私の役割であり、あしなが育英会が目指す「やさしさの輪」を世界中に広げていけるのではないかなと思い仕事に取り組んでいます。 備考:入社直後は1年程、会長室に配属され、玉井会長の近くで仕事をさせてもらいました。玉井会長の奇跡的なヒラメキや先見の明、人たらし力を身近で学ばせていただいたほか、特に国内外の素晴らしい先駆者・有識者・実業家の方々などとお会いする機会を通して、社会を変え得るリーダーから多くのことを学ばせていただきました。その後、3年ほどアフリカ事業部で国際インターンシップ・プログラムの運営を担当させてもらい、会の国際化に尽力してきました。

寄付で遺児を
応援する

DONATE
寄付する

Follow Us

あしなが育英会 公式SNS

Mail News

あしなが育英会 公式メールニュース

あしなが育英会の最新情報などをお届けします。

Contact

お問い合わせ

お問い合わせの前に、「よくあるご質問」をご覧ください。
掲載のないご質問は「お問い合わせ」よりご連絡ください。