1. HOME
  2. あしなが育英会とは
  3. スタッフ紹介
  4. 島田 北斗
島田 北斗

島田 北斗

Hokuto Shimada

虹の心塾課/関西エリア主担当

入社のきっかけ

あしながには人と社会を変える力がある。入局を決めた日から今日まで変わらない思いです。  

私はあしながの卒業生です。小6の時に父親が心臓病で急逝し、高校、大学とあしなが奨学金を受けて進学しました。大学時代は学生寮あしなが心塾に住みながら、学生募金やつどい、小中学生遺児の心のケアなどのあしなが運動に傾注していました。 大学5年間(うち1年間は休学し、あしなが海外研修でインドネシアへ)あしなが運動に携った中で、学生が運動の先頭に立ち何かを成すという場面を何度も目の前にしました。東日本大震災遺児への支援を街頭で訴え、東北3か所にレインボーハウスが建ったこと。深刻な子どもの貧困問題の解決を目指した政策提言の集会を開き、子どもの貧困対策法の制定を勝ち取ったこと。「1人でも多くの遺児に進学の夢を」を合言葉に街頭で声を枯らし、奨学金制度の拡充がなされたこと。日本中の同志たちと心ひとつに汗を流した日々を懐かしく思います。  

学生が社会に問題意識を持ち、声を上げて仲間を募り、行動を起こす。そこに関わった学生たちはキラキラと輝き、運動への関わりを通して大きく成長していました。手前味噌ながら、私も末席で運動に参加する中で多くの気づきと学びを得られたと感じています。能力も経験もないのにプライドだけは高く、他人を認めることができない弱い人間だった私が、あしなが運動とそこに携わる人との関わり合いのなかで変わることが出来たのではないかと感じています。

あしながには人と社会を変える力がある。この先の世代の奨学生たちにも運動を通して社会の問題解決を図ってもらいたい。その運動を通して大きく成長してもらいたい。その場作りをしたいと志し、私はあしなが育英会への入局を決めました。

仕事の内容・やりがい

現在は神戸市にある、学生寮虹の心塾に勤務しています。心塾は共同生活やカリキュラムを通しての人材育成をおこなう教育寮であり、留学生を含む約30人の大学奨学生たちが切磋琢磨の日々を過ごしています。私はここで塾監として、塾生が安心して大学生活を送れる環境を提供し、塾生活を通した成長を促すという仕事をしています。

生身の人間相手の仕事なので、マニュアルはありません。ひとりひとりの塾生の変化に気を配り、どうやったらその塾生が成長するかを考えるという毎日です。

今年度からは日々の塾生の生活指導やカリキュラム運営に加えて、現場の職員のまとめ役を任せられ、マネジメント業務の一端も担うことになりました。責任は増しましたが、塾生の未来のためにきちんと職責を果たして生きたいと考えています。

 

また、関西エリア担当も兼務しています。大学・専門学校奨学生たちと協力しながら、関西での街頭募金や高校奨学生のつどいの運営、ご支援者とのリレーション構築、広報活動などを担当しています。

関西2府4県の奨学生数は約1300人。首都圏と並んで全国で最も多い奨学生がいるエリアです。一人でこの大規模エリアを担当するのは決して楽ではありません。しかし、規模が大きいだけにもっている熱量やできることの幅は大きく、刺激とやりがいに溢れる仕事であると感じています。

ますます不安定で複雑になるこれからの時代。心塾の塾生たちにしても、関西エリアの奨学生たちにしても、そんな時代を生き、活躍するための心と力を塾やあしなが運動を通して養ってほしいと願い、職務にあたっています。

寄付で遺児を
応援する

DONATE
寄付する

Follow Us

あしなが育英会 公式SNS

Mail News

あしなが育英会 公式メールニュース

あしなが育英会の最新情報などをお届けします。

Contact

お問い合わせ

お問い合わせの前に、「よくあるご質問」をご覧ください。
掲載のないご質問は「お問い合わせ」よりご連絡ください。