あしなが活動

ASHINAGA ACTIVITY

ジェームス・ボリバ・ババ

Baba Boliba James

  • ウガンダ
  • 国会議員
    元駐日ウガンダ大使
    元ウガンダ国務大臣

略歴


成人となって以降、そのほとんどの年月をウガンダの外交官として過ごす。33年間にわたり当時ザイールと呼ばれていたコンゴ民主共和国やデンマークなどさまざまな国々に、そして1973年から1986年の間は、中華人民共和国に赴任。1991年から1994年、最後の職務として大使および次席代表としてニューヨークの国連に勤務し、2001年から2005年にかけ、日本の大使を務め、それをもち外交官職から退く。どの赴任先においてもウガンダを宣伝し、またウガンダがより多くの方に認知され、称賛されるよう努めた。

2006年、国会議員選挙に出馬し、コボコ県代表に選出され議員となる。同年、副大統領事務局の国務大臣に任命され、2011年には再び内務省国務大臣に。そして2016年、コボコ県代表の国会議員に再選される。

「私の最大かつ最重要の関心は今でも、人々に奉仕し、人々の間での良好な人間関係と友情を促進することです。これはあしなが育英会設立の拠って立つ精神であると考えます」


委嘱状交付の写真


左より、あしなが育英会会長玉井、ババ氏

左より、あしながUSA会長岡崎、あしなが育英会会長玉井、ババ氏、あしながウガンダ代表山田

旭日小綬章受章

ジェームス・ボリバ・ババ氏は、駐日ウガンダ大使であった2001年から2005年の間に、当時、日本とウガンダ間の関係が停滞している状況の中で、二国間関係の修復と関係性強化のために貢献したとして、2017年11月3日内閣府発令の秋の叙勲者として、旭日重光章を受章されました。2018年6月12日にウガンダの国会議事堂内で行われた授章式において、駐ウガンダ共和国日本国大使である亀田和明閣下は、ウガンダの遺児たちを支援するため、ババ氏が、あしなが育英会と協力し、重要な役割を果たしていると述べられました。

関連サイト