あしながインターン日記(日本語)

2013-08-29

インターン研修を振り返って-ジェイ・パーク

2013年7月24日

 英語のプログラムを開始した時にインターン全員が共有した共通の目標は、心塾の学生たちにやる気を起こさせることでした。過去6週間の授業への出席率を見てみると、概ねこの目標を成功裡に達成できたと思います。私たちがこの主要な目標に成功したこととは別に、学生たちがその新しプログラムにとてもよく適応できたことに、より大きな感銘を受けました。最初の数週間学生たちは、英語を話す経験が不足していたこともあるのでしょうが、とても恥ずかしがっていて、話すのを嫌がっていました。
 何人かの学生は仲間に助けを求めたり、またほかの何人かは自分が言いたいことを電子辞書に頼ったりしていました。幸い、励ましたり辛抱強く待ったりした結果、学生たちは自信を持ち始めました。ほとんどの学生が間違うことを恐れなくなり、助ける求める前にまずトライするようになりました。さらに、多くの学生がインターン学生と親しくなり、授業以外でも会話を始めるようになりました。
 同様に、インターン学生が計画した授業は予想したよりずっと良いものでした。時間が合わずに出席できなかった生徒もたくさんいましたが、参加することができた学生たちはとても楽しんでくれました。一週間の授業は日本と外国の学生両方が協力する素晴らし機会でもありました。時間割と教材にたくさんの改善を加えれば、この英語学習プログラムは学生にとって有益であり続けることが可能だと信じています。