ありがとう、あしながさん 東日本大震災遺児支援 国内外の遺児をつなぐコンサート「世界がわが家」 海外遺児支援 アフリカ遺児教育支援100年構想

オンラインで寄付

Prev Next
  • 奨学金を利用したい
  • 遺児を支援したい

フォーカス

2015年03月04日

朝日新聞「ひと」欄に玉井会長が掲載されました!

”交通事故遺児から、災害や病気遺児、そして最近はアフリカの遺児にも目を向ける。「誰かへの恩返しとして、エイズ問題に取り組みたい」。そんな奨学生たちの恩を組んで今年から、世界版あしなが運動を始めた。世界から寄付を集めてアフリカの遺児を海外の大学に留学させる計画だ。”(記事抜粋)

2015年03月04日

ウガンダ寺子屋キッズ、東日本大震災遺児、米国ヴァッサー大学生によるコラボレーションステージ「世界がわが家」が 6月にNY/ワシントンD.C./東京で待望の再演決定!(詳細はここをクリック)

新曲投入で昨年を超える!演出は引き続きトニー賞2度受賞のジョン・ケアード氏が手がけます。極貧の中、未来を夢見て学ぶウガンダ寺子屋キッズが心と体を弾ませて伝統ダンスを披露します。

2015年02月18日

あしなが心塾で卒塾式が開催されました

赤い寒椿が花びらを開いた2月15日、あしなが育英会学生寮「あしなが心塾」(東京都日野市百草)で第11回卒塾式が行われ、日本人塾生13人にトルコからの留学生ゴクデミール・エリフさんを合せた14人に、卒塾証書と玉井義臣会長・塾長の直筆による色紙「利他の心」が授与されました。

  • アフリカ遺児支援
  • 教育こそ百年の計
ページの先頭へ戻る