ホーム  >  あしなが育英会とは  >  広報・出版物

広報・出版物

あしなが育英会の活動や遺児の実態をより深く知っていただくために、さまざまな広報・出版物を用意しています。ぜひともご購読ください。

機関紙「NEWあしながファミリー」


遺児とお母さんたちのいま、あしなが育英会のそのときどきの旬の話題をまとめ、隔月発行している機関紙「NEWあしながファミリー」。ぜひご購読ください。年間購読料は、1,500円です。

「あしなが運動と玉井義臣」


岩波書店 2003年
金城学院大学教授・副田義也 著
3,000円

世界初の遺児救済運動である「あしなが運動」40年の歴史を社会的考察を通して記録した、玉井義臣と若き同志たちの愛と苦闘のドラマ。玉井とその周辺の人物群像を描き出した1冊。
出版物のご購入はお近くの書店などでお求めください。

「自殺って言えなかった。」


サンマーク出版 2002年
自死遺児編集委員会・あしなが育英会 編
文庫版660円

「もう逃げない。堂々と生きていきたい!」自殺で親を失ったこどもたちが胸の内をつづる、初めての手記集。小中学生や母親の手記、全国から届いた手紙なども掲載。
出版物のご購入はお近くの書店などでお求めください。

「黒い虹」― 阪神大震災遺児たちの一年 ―


廣済堂出版 1996年
あしなが育英会 編
筑波大学教授 副田 義也 監修
1,300円

震災遺児たちの心の傷はまだ癒えない。一瞬にして肉親を失った遺児たちの悲痛な心の叫びを綴った作文集と犠牲家族の204世帯が瓦礫の中の体験を語った貴重な証言集。

「世界の遺児100人の夢」


岩波書店(ジュニア新書)2006年
あしなが育英会 編
840円

インド洋大津波や地震、テロ、戦争、エイズなどで親を亡くした世界16か国の遺児100人が日本の遺児との交流会で、悲しみ、苦しみや将来の夢を互いに語り合った。心をのぞかせた絵もカラーで掲載。子どもにも大人にも読んでいただきたい1冊。
出版物のご購入はお近くの書店などでお求めください。

「だから、あしなが運動は素敵だ」


批評社2010 年
玉井義臣 著
1,600円

母の事故死と妻のガン死がすべての原点と語る市井の社会運動家が、痛みを共有するすべての遺児たちに語り続けた魂の記録。40年に渡って育英会機関紙に連載してきたコラムを網羅した1冊。


ページの先頭へ戻る