ホーム  >  活動紹介  >  学生寮あしなが心塾

学生寮あしなが心塾

親を失くしたり、親が障がいで働くことができない家庭の学生たちは奨学金で高校は進学できても、首都圏や関西圏の大学や短大に一人暮らしで進学することは経済的に困難です。

あしなが育英会では、たとえ生活保護世帯の子でも都市部の大学や短大に進学できるように、寮費月1万円で2食付の学生寮「虹の心塾(神戸・1999年~)」と「あしなが心塾(東京・2006年~)」を運営しています。心塾では、「礼儀・挨拶」を重んじ、集団生活や独自のカリキュラムなどを通じて、「暖かい心」「広い視野」「行動力」「国際性」の4つの普遍的な主要能力を身につけさせ、世のため人のために働く人づくりを目標としています。現在、東京と神戸あわせて100人以上の心塾生が、切磋琢磨の日々を送っています。

心塾が目指す理想の人間像

心塾は、「暖かい心」「広い視野」「行動力」「国際性」を兼ね備え、人類社会に貢献できる人材」の育成を目指しています。そうした人材を遺児の中から輩出することで、ひいては日本全体、世界全体の人類的発展に寄与するものと考えています。

普遍的価値を求め世界で通用する人づくりを

親の学歴と所得が子の学歴と学校歴(有名大学)を規定するようになった今日、遺児たちが輝いて生きていくためには、つらさ、厳しさをいとわず、普遍的価値を求めて学ぶことが必要不可欠です。目標を定め(Self-Image)、心許せる友と一生懸命に勉強・仕事(Work Hard)をし、人類のために何ができるかを考え続け、行動に移せる「世界的考動人」になること。それが、自らと他者の幸せ実現であることを、私たちは心塾経験を通じて真理だと考えています。


巨木を育てる心塾教育の図(玉井塾長直筆)

巨木を育てる心塾教育の図(玉井塾長直筆)


1.「4人部屋」


「他人と一緒は窮屈だ、ひとり自由気ままに過ごしたい」と多くの若者たちは考えていますが、本当はみんな「一生涯つきあえる友だちがほしい」と思っているはずです。心塾では卒業間近の上級生になるまで「4人部屋」で過ごします。寝食を共にし、自分のことを語り合い、時にはぶつかり合い、そして分かり合うことで、真の友情が生まれていくことを願っています。
生涯つきあえる"心の友"、これこそが心塾で得られる最大の財産あり、「4人部屋」という小さな社会の中で、人を知り、自分を知り、一生の友を得てもらえたらと思います。


2.「挨拶・行事・塾生面談」


挨拶励行、礼儀重視は当たり前ですが、近年では、日本の若者からその習慣がなくなってきているように感じます。世界中どこの国でも人とのつきあいはまず挨拶からです。文化が変わっても礼儀正しさこそ人間関係を、人生を豊かにします。心塾では、挨拶、掃除に表れる美しい心を大切にしています。また、門限などの規則もあり、規律ある生活を送ってもらうように、心がけています。

心塾には、入塾式、卒塾式、学期ごとの始業式、終業式、新入生歓迎会やスポーツ大会など様々な行事があり、季節ごとの節目や交流を大切にしています。
地域社会とのつきあいを大切にするため、神戸ではお祭りには「だんじり」を曳き、東京では新年に近隣の人と餅つきをします。夏休み前と学年末には、塾監(心塾職員)が塾生1人ひとりの悩みや、生活全般についての相談にのるため、「塾生面談」を行っています。



3.「カリキュラム」


心塾では、大学で学び得ることのできる知識や技術とは他に、知的生産の基本であり、自立して生きていくために必須となる、本を読み、文章を書く力を養います。これを塾生時代に徹底的に身につければ、一生の自信と力になります。独自のカリキュラムを通して、自分の意見を持ち、それを表現できる、社会のためにも働ける人となることを目指します。


(1)読書感想文
毎月、図書2冊(課題図書1冊、自由図書1冊)を読んで手書きで感想文を書き、元ジャーナリストをはじめとした講師の先生が、それを添削してくれます。これまでまったく本を読んでいなかった人も、読書の習慣、読み方が身につき、本を一生の友とする塾生が多くいます。4年間で約100冊は読むことになり、古典や新書、小説や専門書など、あらゆる分野の本を読むので視野が格段に広がります。読書を通じて身に付く思考力、洞察力、理解力は、生きる上で非常に役立ちます。


(2)心塾講座
日本の問題、世界の問題、自分や身の回りの問題が混在する現代社会。幅広い知識と経験、豊かな価値観を育てなければ解決の糸口さえつかめません。心塾講座は、各界から一流の外部講師や社会の様々な分野で活躍する卒塾生を招き、自分の大学の専攻とは関係なく、様々な「人生論」を講演してもらえるのが醍醐味です。自分の意見を持つこと、考えること、意見を交換することで、大きな意味での「生き方」を学びます。


(3)学生募金
毎年、春と秋に2回実施されている、あしなが学生募金に参加し、実際に街頭で活動することで、その時々の社会問題について考え、理想を実現する行動力を養います。また、奨学金や心塾の建設費など、遺児支援の源流が、学生募金を通じて集められていることを知り心塾のルーツについて学びます。


あしなが活動のリーダー


春と秋のあしなが学生募金活動(街頭募金活動)、夏のつどいでリーダーを務め、人の心を動かし、多くの人を巻き込んでいく力を身につけます。また、仲間と共に目標を達成するという経験は大きな自信になります。

同じつらい体験をしている全世界の弟・妹、後輩遺児のために一生懸命頑張ることで、後輩の変化・成長を我が喜びとして感じられる感動がそこにはあります。そして、後輩を鏡にして自分のことも考え見えてきます。このリーダー経験を積むごとに、タフでやさしいリーダーになっていきます。


海外留学研修・異文化体験



「海外留学研修」は1年間。国はウガンダ、セネガル、インドネシア、ベトナム、フィリピン、台湾、トルコ、などで、毎年20人程度、全国の遺児学生が日本語教師や現地遺児の心のケア活動のボランティアをしています。異文化に身を置き、文化や価値観の多様さに目を見張り、新しいものの見方や考え方が生まれていきます。自分のやらねばならない勉強の方向性も見えてきて、帰国すると顔がひきしまり、大人になり、自分の目標を定めて、それに向かって勉強をしっかりやるようになります。一生ものの体験です。

心塾では塾生を対象に、独自にウガンダ共和国に赴き、ホームステイなどの交流活動、あしながウガンダ心塾での滞在を通じて、アフリカの貧困を五感で体験し考える「ウガンダ短期研修」も行っています。

1か月程度の短期研修でも、ライオンズクラブの「YE派遣制度」が毎年40日間約5人程度、30年以上続いています。南カリフォルニア日系商工会議所は、毎夏数名の遺児大学生を3週間招いて「ホームステイや福祉施設での研修」をさせていただいています。短期とはいえ、学生たちは「目からウロコが落ちた」と目を輝かせます。これからは、アジア、アフリカ、中南米などの途上国に働きに出るのが普通になる時代です。できれば学生寮「あしなが心塾」「虹の心塾」の学生には全員、海外体験をさせたいとすすめています。


東京・あしなが心塾のパンフレットはこちら

>> お問い合わせはこちら


ページの先頭へ戻る