ホーム  >  活動紹介  >  活動紹介

活動紹介

高校、大学、専門学校などに通う遺児らに奨学金を貸し出しています。また、遺児の心のケアのための「レイン ボーハウス」や学生寮の運営、遺児のケアと教育のための「つどい」を実施しています。さらに、政治や社会に遺児の窮状を訴え、制度的救済を要望するための 「遺児と母親の全国大会」などを実施しています。

奨学金


高校、大学、専門学校などに通う経済的に苦しい遺児らに奨学金を貸し出して支援しています。
高校・高専奨学金(国公立2万5千円/月、私立3万円)、大学・短大奨学金(一般4万円、特別5万円)、専門学校奨学金(4万円)、大学院奨学金(8万円)で、卒業後20年以内に返済していただきます(無利子)。
また、奨学生に対しては、『「暖かい心」「広い視野」「行動力」「国際性」を兼ね備え人類社会に貢献するボランティア精神に富んだ人材』を育成することを目的としてを育む様々な教育を行っています。


>>奨学金について

東日本大震災・津波遺児の支援


あしなが育英会では、東日本大地震・津波で親を失った子どもたちのケアを本格的に取り組むため、“心を癒す家”「東北レインボーハウス」を仙台市、石巻市、陸前高田市の3か所に建設しました。
阪神・淡路大震災時、被災地に「神戸レインボーハウス」を建設し、16年間ずっと子どもたちを支える活動をしています。神戸と同じように、東北の子どもたちのケア活動にも力を尽くします。

>>東日本大震災遺児への支援活動について
>>ボランティア募集・活動紹介ブログ

学生寮「あしなが心塾」「虹の心塾」


生活保護世帯の遺児でも首都圏や関西圏の私立大学に進学できるように、寮費月額1万円(朝夕食、光熱費など込み)の学生寮「あしなが心塾(東京都日野市・180人収容)」と「虹の心塾(神戸市・50人収容)」を運営しています。
「読み・書き・スピーチ」の独自カリキュラムなどを通じて、世のため人のために働く人間づくりを目標としています。

>>学生寮あしなが心塾

奨学生の「つどい」


かけがえのない親を亡くした子どもの心は深く傷つきます。
あしなが育英会では、毎年夏休みに奨学生の「つどい」という教育と心のケアのプログラムを全国各地で実施しています。高校生は3泊4日、大学・専門学校は4泊5日の日程で、親との死別体験を語り分かち合い、「つらいのは自分ひとりじゃない」と気づきます。
これによって、遺児たちは自助・自立に向けて歩き始めることができます。

>>高校奨学生のつどい
>>大学・専門学校奨学生のつどい

遺児の心のケア「レインボーハウス」


1995年の阪神・淡路大震災で573人が親を亡くしました。そして、幼児や小中学生を重点的に対象にした心のケアの拠点「神戸レインボーハウス」を1999年に開設。
2006年には、親の死因にかかわりなく全ての遺児のケアセンターとして「あしながレインボーハウス」を東京都日野市にオープンしました。
さらにアフリカ・ウガンダには、エイズ遺児のための「ウガンダレインボーハウス」を2003年に開設しました。
「神戸や東京のレインボーハウスで遺児の心の傷を癒すボランティア「ファシリテーター」も大活躍しています。


>>遺児の心のケア
>>レインボーハウスからお知らせ

海外遺児の支援


1999年、トルコ、台湾、コロンビアで起こった震災後、阪神・淡路大震災遺児が中心となり、「世界から受けた愛への恩返しを」と海外の遺児支援活動をスタートしました。
エイズ、テロ、戦争、津波遺児らを日本に招き、日本の遺児とのサマーキャンプを実施しました。
また、2006年からは、ウガンダのエイズ遺児、インドネシアとスリランカの津波遺児らの早稲田大、国際基督教大、関西学院大学への留学を支援。今後もアフリカ諸国の遺児を受け入れていきます。

>>海外遺児への支援
>>アフリカ遺児・教育支援「1日1ドルの世界」

調査・出版・政策提言


遺児家庭を含むすべての母子・父子家庭の教育・医療・社会保障・就労などの問題について、政治や社会に訴えるため「遺児と母親の全国大会」を開催しています。
また、「子どもの貧困対策基本法」制定に向け政府各党への働きかけを行っています。
さらに、ますます厳しさを増す遺児家庭の実態調査なども随時実施し、社会の理解を深める活動を実施しています。

>>調査・出版・政策提言

あしなが学生ボランティア


あしなが運動は、学生などの「若者」と全国の「庶民」の方々に育てられました。
本会に寄せられたご寄付の中核的存在は、遺児学生とボランティア学生の活躍による「あしなが学生募金」です。
※企業と市民の社会貢献社会を目指す「あしながPウォーク10」も遺児学生などのボランティア運動として20年以上活動を続けてまいりましたが、2015年をもって終了いたしました。

>>あしなが学生ボランティア
>>あしなが学生募金


ページの先頭へ戻る