あしなが育英会 アフリカ遺児・教育支援「1日1ドルの世界」

2012-10-24

アフリカの遺児を教育 100年構想-ついに始動

アフリカ遺児教育支援100年構想を始動!

 8月26日〜9月16日まで、玉井義臣会長らは、ニューヨーク、ロンドン、パリと欧米3都市を訪れ、アフリカ・サブサハラ49か国遺児の世界の大学入学に向けた、構想の理念、哲学を各国の大学学長や大使、有識者らに説いて回った。



 米国ヴァッサー大学では、本会海外留学生第一号のリタさんが1年間研究員として入学したことを踏まえ、キャサリン・ボンド・ヒル学長らと100年構想やヴァッサー大生のウガンダでのインターンシップ制度化、そしてヴァッサー大学合唱団とウガンダ寺子屋遺児らが世界を回り、アフリカの貧困とアフリカ遺児の教育の必要性を、公演を通して伝えていくことなども話し合った。ロンドンでは、オックスフォード大学で、日本政治学教授やアフリカ研究学部長らと本会との第一回目の会談が持たれた。
 アフリカの遺児学生受け入れに向け、今後はオックスフォード大学長らも交え、引き続き協議していくことになった。世界で最も有名な教科書会社ピアソン(ロングマン)本社の社会貢献担当部長にも会い、「教育」を通じてのアフリカ遺児支援をどうすすめていくかの意見交換をした。



 パリでは、駐仏日本大使をはじめ、昨年12月に津波遺児支援募金キャンペーンでお手伝いいただいた個人、企業、団体、学校などを通じて様々な方と会うことができた。アフリカとも非常に結びつきの深いフランス(パリ)は、今後の欧州内での本会の重要な拠点になりそうである。



 今後とも欧米を中心に大学探しと支援呼びかけを精力的に行っていくと同時に、アフリカ諸国から貧しくとも志高い遺児学生をいかに募っていくかが、「100年構想」実現のカギになるであろう。
   (岡崎祐吉・国際課長/国際・教育担当理事)