玉井義臣 教育こそ百年の計 遺児と共に43年

2013-12-26

ハイチの未来を担う21歳と出会う


 あしなが育英会の活動や理念が海外の若者の心も掴むのか、時々事務所に海外の若い方がやってくる。
 今日はステファン・フォーシェ君という青年が訪ねてきた。ステファン君はカナダ生まれ。ご両親はハイチご出身だそうで少年時代はハイチで過ごしたそうだが、12歳の時にニューヨークに移住。ハーバード大学に入学後、日本文化に興味をもち、日本語を学び、インターンシップで初来日。日本企業でインターンをした後、そのまま九州大学に留学しているそうだ。2年間勉強しているという日本語は大変流暢で驚いたが、母国語のクレオール語の他、フランス語、英語、スペイン語そして日本語...実に5か国語を操ると聞いてのけぞった。
 ステファン君は日本企業でインターンをしていたということを聞いて、我々あしなが育英会として今夏始めた「あしながインターンシッププログラム」の話をした。
 このプログラムは英国オックスフォード大学や米国プリンストン大学をはじめとする世界の一流大学から現役学生が夏休み期間の約2か月間、大学生遺児のための学生寮「あしなが心塾」(東京)や「虹の心塾」(神戸)もしくはウガンダの「あしながウガンダ」に滞在し、日本人学生やウガンダなどの海外留学生らと生活を共にしながら英会話レッスンや、ディスカッション他さまざまな活動をしてもらう。英語を中心とした異文化コミュニケーションを促進させることにより、遺児である学生たちが「自尊心」や「自信」を見出し、自立を促す目的で始めたが、狙い通りの大成功だった。
 来年度はインターンシップ生を大きく増やしてさらに充実したプログラムを目指したいと思っていることをステファン君に語った。
 澄んだ目でじっと私の話を聞いてくれたステファン君は、日本企業でのインターンシップで大変貴重な実務経験を得られたこと、何か日本に対する恩返しという気持ちも含めて、我々のあしながインターンシッププログラムに是非協力したいと言った。とても嬉しかった。
 また、ハーバード大の学生として、ハーバードがこのプログラムに積極的に関われるよう橋渡しできたらとも言ってくれた。ステファン君のような若者とあしながインターンシップやアフリカ遺児100年構想、そして未来の夢を語り合っていると、こちらも気持ちが引き締まる。彼のような若者たちがどんどん日本、あしなが育英会でいろんな経験をしてそれぞれの場で活躍していって欲しいと願ったひと時だった。