九州北部を中心として発生した記録的な豪雨により犠牲になられた方々に深い哀悼の意を捧げます ありがとう、あしながさん 東日本大震災遺児支援 アフリカ遺児教育支援100年構想

オンラインで寄付

Prev Next
  • 奨学金を利用したい
  • 遺児を支援したい

※2017年度の申請受付は、4月1日から開始します

フォーカス

2018年02月02日

林田吉司・神戸レインボーハウス初代館長の遺族へ天皇・皇后両陛下が弔意

 昨年11月22日、肺がんのため65歳で亡くなった林田吉司・神戸レインボーハウス初代館長の遺族へ、1月30日、天皇・皇后両陛下の弔意が伝えられた。
 両陛下は2001年4月24日、阪神大震災の復興状況をご視察のため兵庫県をご訪問された際、本会の震災遺児ケア施設「神戸レインボーハウス」(神戸市東灘区)にお立ち寄りくださった。このとき、両陛下をお出迎えし、ご案内したのが当時の林田館長だった。あれから17年。林田初代館長を取り上げた読売新聞一面コラム「編集手帳」(1月16日)をお読みになった両陛下が、遺族に弔意を伝えたいとのお気持ちをもたれた。1月30日夕、河相周夫侍従長から玉井義臣本会会長へ電話が入り、両陛下の弔意が伝えられた。

2017年11月07日

あしなが運動の心、パリでも共感

 玉井義臣会長が9月26日、歴代フランス大統領や米国国務長官など多くの世界的リーダーを輩出している大学として有名なパリ政治学院(通称:シアンスポ)で特別講演を行いました。
 この講演は、パリ政治学院のフレデリック・ミオン学長が「あしながとシアンスポは社会を変革しようという熱意と国際性が共通している」ことに深く感銘し、「人生のすべてを世の中の不幸を改善することに奉げてきた玉井会長の姿を学生に見せたい」という強い希望によって実現しました。

2017年10月17日

第95回学生募金 プレ・オープニングセレモニーを実施

あしなが育英会とあしなが学生募金事務局は、2017年10月21日(土)から始まる「第95回あしなが学生募金」に先駆けて、10月14日(土)にオープニングセレモニーを東京都・新宿駅西口で実施。募金活動の中心となる遺児奨学生、あしなが育英会役職員に加え、応援に駆けつけてくださった栗田充治・亜細亜大学学長、明治学院大学応援団、ミュージカル「足長おじさん~ジュディ物語」に出演する子どもたちなど約40人が、小雨のちらつく中、懸命に支援を呼びかけました。

  • 教育こそ百年の計
ページの先頭へ戻る