ホーム  >  ニュース/コラム  >  お知らせ  >  コラボレーション音楽会「世界がわが家」終演!たくさんのご来場ありがとうございました。

コラボレーション音楽会「世界がわが家」終演!たくさんのご来場ありがとうございました。

2014年02月25日 [お知らせ]

仙台公演・東京公演は両日とも大盛況の内に終了いたしました。
たくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。(2014年3月20日)

 あしなが育英会とヴァッサー大学(米国ニューヨーク州)は今年の3月、アフリカ、アジア、北米、ヨーロッパの四大陸を音楽で一つにする特別共同公演「世界がわが家」を開催します。ウガンダの現地NGO「あしながウガンダ」が運営する“寺子屋”で基礎的な教育を受けている子供たちによる歌と踊り、ヴァッサー大学コーラス部(聖歌隊)のメンバーによる合唱、2011年3月11日に発生した東日本大震災・津波によって壊滅的な被害をこうむった東北地方の子供たちによる伝統的な和太鼓演奏が披露されるこの公演を演出するのは、「レ・ミゼラブル」や「ニコラス・ニクルビー」などのブロードウェイ・ミュージカルを演出しトニー賞を受賞した有名な英国人演出家、ジョン・ケアード氏です。



 この空前のイベントは、小説「あしながおじさん」の著者ジーンウェブスターの母校であるヴァッサー大学と、今も読み継がれているその小説から名前と着想を得た「あしなが育英会」の間に強まる協力関係のもと、両者が踏み出す新たな一歩を象徴するものです。今年は、1914年にブロードウェイでミュージカル「あしながおじさん」が初演されてから、ちょうど100年になります。

 本公演、「世界がわが家」は、あしなが育英会が現在取り組んでいる親を亡くしたアフリカの子供たちの支援をするプロジェクト(アフリカ遺児教育支援)に関連していますが、「すべての子供に教育を(教育の機会の大切さ)」というあしなが育英会とヴァッサー大学が共有するより壮大なビジョンにもとづいて行われます。同時に、東日本大震災で亡くなった方たちの鎮魂と被災した方々を少しでも励ましたいという思いも込められています。他では見る事のできない素晴らしいエンターテイメントと感動が詰まったこのイベントにぜひ足をお運びください。

あしなが育英会・バッサー大学共同メッセージ



◎公演詳細

1.仙台公演 

会場 東北大学百周年記念会館 川内萩ホール

日程 2014年3月13日(木)

開場 18:00 開演/閉演 18:30/20:00

 仙台公演についてのチラシPDFはこちら


2.東京公演

会場 新宿区立新宿文化センター 大ホール

日程 2014年3月20日(木)

開場 18:00 開演/閉演 18:30/20:00

 東京公演についてのチラシPDFはこちら

本公演に関するお問い合わせ

電話:03-3221-0888
メール:athome@ashinaga.org


ページの先頭へ戻る