ホーム  >  ニュース/コラム  >  プレスリリース  >  第2次東日本大地震・津波への緊急対応措置について

第2次東日本大地震・津波への緊急対応措置について

2011年03月22日 [プレスリリース]

親を失った0歳から大学院生までに特別一時金を支給

未就学児10万円、小中学生20万円、高校生30万円、大学生ら40万円

特例奨学金・心のケアも-東日本大地震・津波緊急措置―

 犠牲になられた方々に心から哀悼の意を捧げ、お子さまやご家族のみなさまのご無念に言葉もありません。被災をされたみなさまにお見舞いを申し上げます。

 あしなが育英会では、東日本大地震・津波で親を失った0歳から大学院生までに「特別一時金」の支給を決定しました。未就学児10万円、小中学生20万円、高校生30万円、大学・専門学校・大学院生は40万円を支給します(返済不要)。40年以上の遺児支援・あしなが運動で初の措置です。また、高校・大学・専修学校・各種学校・大学院の奨学金制度の特例措置も実施します。

 さらに、あしなが育英会では、経済的な支援だけではなく、子どもたちの心のケアにも取り組んでいます。阪神・淡路大震災の被災地に「神戸レインボーハウス」を建設し、震災から16年間ずっと子どもたちを支える活動をしています。神戸と同じように子どもたちの心のケア活動にも力を尽くします。

東日本大地震・津波 緊急対応措置

1.0歳から大学院生までの「特別一時金」給付制度(返済不要)の新設

・特別一時金の給付金額

(1)未就学児=10万円、(2)小中学生=20万円、(3)高校生=30万円、(4)大学、専修学校・各種学校、大学院生=40万円

・特別一時金の対象者

東日本大地震・津波で保護者が死亡あるいは行方不明または著しい後遺障害を負った人の子どもで、出願時に(1)未就学児、(2)小中学生、(3)高校生と2012年度に大学・短期大学・専修学校・各種学校の第1学年に入学を希望し準備している人、(4)大学・短期大学・専修学校・各種学校・大学院生

・申し込み期限 2012(平成24)年3月10日(2011年度限定)

申請書は以下のファイルをご参照ください。


ファイルイメージ

中学生以下

ファイルイメージ

高校生以上


2.あしなが育英会奨学金制度(貸与)の特例措置

・特例の内容

(1)奨学金申請時の提出書類(所得証明書など)の免除

(2)大学、大学院奨学金の試験を免除し、書類選考のみとする

(3)専門学校・各種学校奨学金は、高校奨学金を借りていた者だけが対象だが、その制約をはずす。

(4)貸与決定後、速やかな送金を図る

・奨学金の対象者 高校生、大学(短大を含む)、専修学校・各種学校・大学院生

・奨学金貸与月額

(1)高校=国公立2万5千円・私立3万円、(2)大学=一般4万円・特別5万円、(3)専門学校・各種学校=4万円、(4)大学院=8万円

・申し込み期限 2012(平成24)年3月10日

・奨学金の返還=卒業後半年後から20年以内

申請書は以下のファイルをご参照ください。


ファイルイメージ

申請書

3.子どもたちへの心のケア

あしなが育英会では、経済的な支援だけではなく、子どもたちの心のケアにも取り組んでいます。阪神・淡路大震災の被災地に「神戸レインボーハウス」を建設し、震災から16年間ずっと子どもたちを支える活動をしています。神戸と同じように子どもたちの心のケアにも力を尽くします。現在、レインボーハウスの職員を被災地に派遣しています。

4.東日本大地震・津波で親を失った子どもたちへの特別一時金や心のケア活動の募金

(1)郵便振替

口座番号「00130-7-776732」

加入者名「あしなが東日本大地震・津波遺児募金」

(2)クレジットカード

本会ホームページからクレジットカードで寄付受付

ホームページ https://ashinaga.donation.fm/index2.html

(3)現金書留で郵送

送付先 〒102-8639 東京都千代田区平河町1-6-8 平河町貝坂ビル3階

宛て名 あしなが育英会 東日本大地震・津波遺児募金

お問い合わせ

あしなが育英会 東日本大地震・津波緊急対応本部

 〒102-8639 東京都千代田区平河町1-6-8 平河町貝坂ビル3階

 被災者の方専用フリーダイヤル(0120)77-8565

 その他の方のお電話は(03)3221-0888

 FAX(03)3221-7676

 E-mail tsunami@ashinaga.org


ページの先頭へ戻る