レインボーハウスからのお知らせ

2011-02-04

「心のケア」ファシリテーターについて

東京と神戸のレインボーハウスでは小中学生遺児の心のケアをするボランティアを募集しています。遺児たちが自分の気持ちを言葉や身体表現(遊び)で外に出せるように手助けしていただきます。

その手助けする人をファシリテーターと呼んでいます。


ファシリテーターになるためには、養成講座を受講していただきます。講座の内容は、遺児の死別体験や遺児がどのような気持ちを抱えているかを理解していただくこ
と、また手助けするためのコミュニケーションスキルの練習、ファシリテーター自身のセルフケアのための自分自身の体験の振り返りなどです。
通常2日間12時間で毎年2月に神戸と東京のレインボーハウスで実施しています。

ファシリテーター養成講座の開催について