ホーム  >  ご支援について  >  遺産のご寄付「遺贈」

遺産のご寄付「遺贈」

遺産のご寄付「遺贈」のご案内


2010年7月9日に亡くなられた“元祖”あしながさんこと、上田都美さん(享年88・右)と本会会長。ご遺産はすべてあしなが育英会に遺贈されました。

遺産を社会的に有意義な事業に使ってほしい、そうしたお気持ちを遺言書に残しておくと、法律にもとづく法定相続とは別にご自分の意思を生かすことができます。この遺言による財産寄付を「遺贈」といいます。

あしなが育英会では、遺贈によるご寄付を承っております。ご自分の財産を、病気や災害、自殺などで親を亡くした遺児の支援に役立ててほしいとお考えでしたら、ぜひ、遺言書を作成し受取先をあしなが育英会とご指定ください。

本会の奨学金は返還が義務となっており、ご寄付いただいた方のご遺志は消えることなく、めぐりめぐって多くの遺児を支援し、末永く生き続けます。


“元祖”あしながさんこと、上田都美さん直筆の手紙(1989年)

あしなが育英会では、金融資産をはじめ土地・家屋などの不動産のご遺贈も承っております。ぜひ、ご支援賜りますようお願い申し上げます。

あしなが育英会への遺贈に関して皆さまから多く寄せられるご質問とお答えを、以下のとおりわかりやすくまとめました。

遺贈に関するQ&A

Q:あしなが育英会に遺産を寄付したいと思っているのですが、遺言書はどのように作ればいいのですか。

A:遺言書を作成する場合、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があります。
このうち、「公正証書遺言」は、公証役場において2人以上の証人の立会いのもとで公証人が作成し原本はそのまま公証役場で保管されますので、紛失や書き換えのおそれが無く、もっとも安全、確実です。遺言書を作っておこうとお考えになったら、費用と手間は若干かかりますが、「公正証書遺言」をお勧めいたします。
なお、遺言書作成にあたってはできれば弁護士や司法書士または信託銀行などの専門家の方に相談されることをお勧めします。お心当たりがなければ、本会にご連絡ください。

Q:遺言書の作成にあたって注意する点は何ですか。

A:遺言書作成にあたってご留意いただきたい点は次のとおりです。
遺贈先については「あしなが育英会(会長 玉井義臣 住所 東京都千代田区平河町1丁目6番8号 平河町貝坂ビル)」とご指定ください。
なお、土地、建物などの不動産を遺贈される場合は、税が発生する場合がありますので遺言書に「---その財産を遺贈したことに伴って発生する租税公課についてはあしなが育英会が負担すること。---」とご記入ください。

Q:寄付をする財産についてはどう書けばよいのでしょうか。

A:遺贈財産の寄付方法については、遺言書の中でできるだけ具体的にお書きください。後々、処理が迅速に進みます。次の記載例をご参考にしてください。

例1) すべての財産(または、財産の半分など一定割合)をあしなが育英会に寄付し、遺言の執行時に発生する税や遺言執行費用などをあしなが育英会に負担させる場合

第○○条 遺言者は、遺言者の有する一切の財産(または財産の2分の1など)をあしなが育英会(会長 玉井義臣 住所 東京都千代田区平河町1丁目6番8号 平河町貝坂ビル)」に遺贈する。なお、財産の換価に要する実費、遺言者の借入金、入院費用、葬儀費用、未払い租税公課およびその他一切の債務、遺言執行に要する費用、遺言執行者の報酬等はあしなが育英会が負担するものとする。遺言執行者は、換価困難な財産については無償で処分できるものとする。

例2) 特定の財産(「○○の土地」とか「○○会社株券○○株」)を寄付する場合

第○○条 遺言者は、遺言者の所有する次の土地・建物及び遺言者名義の預貯金、金融商品を、あしなが育英会(会長 玉井義臣 住所 東京都千代田区平河町1丁目6番8号 平河町貝坂ビル)に遺贈する。なお、その遺贈に伴って発生する税についてはあしなが育英会が負担するものとする。


1. 土地建物の表示

(1)土地所在○○ ○○
地番○○ ○○
地目○○ ○○
地積○○ ○○
(2)建物所在○○ ○○
家屋番号○○ ○○
種類○○ ○○
構造○○ ○○
床面積○○ ○○

2. 預貯金・金融商品預入機関の表示

1.○○信託銀行○○支店
2.○○銀行○○支店
3.○○郵便局○○支店
4.○○証券○○支店に保管する○○株式会社・株券○○株

*あしなが育英会では遺贈に関して次の金融機関と協定を結んでおります。
遺贈に関するご相談や遺言信託、遺言書作成等について本店または各支店において
専門家のアドバイスを引き受けていただいております。

・三井住友信託銀行
・三菱UFJ信託銀行

お問合せ、ご相談はお気軽にあしなが育英会総務課にご連絡ください。
ご連絡先 〒102-8639東京都千代田区平河町1-6-8 平河町貝坂ビル3階
電 話:(03)3221-0888 FAX:(03)3221-7676

>>お問い合わせフォームはこちら


ページの先頭へ戻る