ホーム  >  ご支援について  >  遺児の心のケア支援「虹のかけはしさん」

遺児の心のケア支援「虹のかけはしさん」

虹のかけはしさんとは


阪神淡路大震災があった1995年の夏のつどいで、小学校4年生の男の子が描いた『黒い虹』の絵

阪神大震災遺児らの心を癒す家「神戸レインボーハウス」を維持運営する会員のみなさまを「虹のかけはしさん」とお呼びしています。2003年からは病気・災害・自死遺児にも支援を広げて活動しています。
どうか末永いご支援をお願い申しあげます。

寄付はどのように役立ちますか

ご寄付は、遺児たちの心のケアプログラム、学習支援の「虹の寺子屋」活動、ボランティア(ファシリテーター)養成講座費用、併設の遺児大学生の学生寮の運営費、建物保全費などに活用させていただきます。

>>レインボーハウスの詳細はこちら

虹のかけはしさんになると


お名前は神戸レインボーハウスの壁に刻み、永久保存させていただきます。
ご友人、ご家族、会社などでの参加も大歓迎です。
最新の活動情報を掲載している機関紙(年6回発行)「NEWあしながファミリー」をお届けします。

金額と期間

金額はご自由に設定できます。
お辞めになる旨のご連絡をいただくまで、継続させていただきます。
どうかご無理のないよう末永いご支援をお願い申しあげます。

ご寄付の方法

  • クレジットカードで
    このウェブサイトからクレジットカードで今すぐご寄付の申し込みができます。
    >>クレジットカードで「虹のかけはしさん」にお申し込み
  • ゆうちょ銀行(郵便局)・その他の銀行などからの口座引落
    1)申込書のダウンロード、あるいは資料請求をいただき、申込書にご記入後、封筒にいれて以下に郵送してください。
     >>口座振替申込書のダウンロード
     >>資料請求のフォーム
    2)1か月~1か月半後「口座引落開始のお知らせ」が届きます。
    3)口座引落を開始します。
     年12回(毎月)/年4回(3・6・9・12月)/年2回(6・12月)/年1回(12月)
     ※引落に応じた月から開始します。事務手続きが完了するまで約2か月ほどかかります。
  • ゆうちょ銀行(郵便局)振り込み用紙でのご送金
    1)資料請求をいただき、お送りする郵便振替用紙をご記入後、郵便局・ゆうちょ銀行ATMから初回のご寄付を送金ください。
     >>資料請求のフォーム
    2)初回ご送金後、10日間前後で、お名前・ご住所を印字した2回目以降の専用振込用紙が届きます。
  • コンビニ・ゆうちょ銀行(郵便局)兼用振り込み用紙でのご送金
    1)以下の請求フォームからお申し込みください。お送りする申込書(はがき仕様)をご記入後=寄付金額を必ずご記入ください=、FAXまたは50円切手を貼って投函してください。
     >>資料請求のフォーム
    2)10日間前後で、お名前・ご住所・ご寄付金額の印字された専用振込用紙が届きます。
    【郵送先】〒102-8639 東京都千代田区平河町1-6-8 あしなが育英会総務課
    【FAX】03-3221-7676

本会へのご寄付は税金の寄付金控除の対象とはなっておりません。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

虹のかけはしさんの声


  • 建物や道路などは復興しても、子どもたちの心はつらいことがまだあることと思います。以前、写真の仕事で神戸に行きました。寄付は少しですみません。(東京都・男性)
  • 私も被災者です。神戸レインボーハウスのことは勉強しているカウンセリングの先生から教えてもらいました。少し余裕ができたので。(兵庫県・男性)
  • 以前、テレビで神戸レインボーハウスのことが放映されたとき、皆様のすてきなお働きが形となったことをとてもうれしく思いました。私も「神戸っ子」ですが、今はこちらに住んでいます。子どもたちがますます元気で幸福でありますように。(埼玉県・女性)
  • レインボーハウスの見学とお話を聞き、大変心に残りました。夫が失業中のため少ししか送れませんが、少しでもお役に立てれば幸いと思います。(岐阜県・女性)
  • 世の中不況風が吹き荒れている中、寒い思いをしないようにがんばりたいです。現在夫は失業中です。2人の大学生共々がんばっています。スタッフの皆様、よいお年をお迎えください。(神奈川県・女性)

ページの先頭へ戻る