あしなが活動

ASHINAGA ACTIVITY

ミリアム K. ウェレ

Miriam K. Were

  • ケニア
  • モイ大学総長
    UZIMA Foundation-Africa共同創設者

略歴

ミリアム K. ウェレ氏は、農学者ハンフリーズ R. ウェレ氏の妻であり、また、母であり、そして祖母でもある。

ウェレ氏は、ナイロビ大学で医学を学んだ医師であり、米国のジョンズ・ホプキンズ大学で公衆衛生学の修士号と博士号を取得している。自然科学の学士号も取得しており、生物学、化学、体育の高等学校の教員免許を保有している。メディカル・スクールに入学する前の二年間は、高校で教鞭を取っていた。医療保健分野のキャリアとしては、ケニア保健省での勤務経験や、ナイロビ大学での講義経験もあり、カナダのマギル大学では准教授として教壇に立っていた。1985年から2000年にかけては、国際連合児童基金(ユニセフ)や、世界保健機関、国際連合人口基金などの、国連の機関で勤務していた。

ウェレ氏は、ケニア国家エイズ対策委員会委員長(Chair of Kenya’s National AIDS Control Council)や、アフリカ医療研究財団の国際委員会議長(Chair of the International Board of the African Medical and Research Foundation)、保健人材グローバルフォーラム(GHWA:Global Health Workforce Alliance)の役員など、多くの重要な役職にも就任している。

現在は、モイ大学総長、Champions for AIDS-Free Generation(エイズ撲滅擁護者団体)のメンバー、地域保健医療のためのケニア親善大使、ウジマ財団(UZIMA Foundation-Africa)の共同創設者であり、また、その他様々な組織においても要職を担っている。

ウェレ氏の著作は広く出版されており、自身の自伝の他、4冊の小説を発表している。

これまでに、以下のような、数多くの賞や名誉学位を受賞している:

  • 野口英世アフリカ賞(日本)
  • エリザベス女王II世ゴールドメダル(公衆衛生分野)
  • George G. Tolbert Award(ジョージ・G.トルバート賞)(National Council of International Health, USA(米国立国際医療保健審議会)
  • Knight of the French National Honours(母子保健分野)
  • ユニセフ・Maurice Pate Award(初期医療分野)
  • Award of Outstanding Merit(National Council of Women of Kenya)(国立ケニア女性審議会)
  • Shujaa(Heroine)for Academic Prowess, Kenya(ケニア学術分野における女性の活躍に対し贈られる賞)
  • Elder of the Burning Spear in Kenya’s National honour(年輩者に贈られるケニアの燃える槍栄誉賞)
  • ケニア・モイ大学 名誉博士号(サイエンス分野)(2008年12月)
  • お茶の水女子大学 名誉博士号(2011年2月)
  • 米国シカゴ・デポール大学 名誉博士号(文学)(2011年6月)


あしながウガンダ講演(2018年8月15日)




メッセージ

 私のアフリカに対する夢は、すべての家庭が近隣の地域保健施設(CHS)にアクセスすることができ、健康の促進、疾病の予防、初期対応治療を受けることができるようになることです。CHSはアフリカにおいて地域開発を行い、人々を啓発し、能力を開発するための最初の契機となるべきであり、紹介システムを通じ、患者を適切な病院に転送することできるシステムとして機能すべきです。
また、アフリカの家族が知識を持ち、個々の能力を発揮できるような訓練を受けた男女の真実のパートナーシップにより形成されるようになることを夢見ています。そうした父母は社会全体の啓発と発展に寄与することが可能です。
私のアフリカの夢は、各家庭が地域の力によって支えられ、素晴らしい育児ができるようになることです。賢明な両親から、将来を担う子どもたちが十分な愛情を受け、愛情を他人に与えられる人に育つことです。
すべての子どもが効果的な就学前教育を受け、小学校や高等学校に通えなければなりません。能力と意思のある学生が質の高い大学教育を受けることができ、また、職業訓練機関も発達したアフリカとなる日を待ち望んでいます。
遊びや歌、演劇、踊りといった芸術が、個人やグループの喜びであり、満足を得る手段となり、感情の共有や哀れみの心により国内、また国際的に同朋意識が高まっていくことを願っています。つまり、発展し、平和で安定したアフリカ、世界の他の地域と肩を並べ、グローバル社会の誕生プロセスに参加し、地球市民としての存在意義を感じることのできるアフリカになることなのです。
あしなか賢人達人の一員として、ASHINAGA アフリカ遺児支援100年構想(AAI)に大きく貢献できればうれしいです。

委嘱状交付の写真


左より、ウェレ氏、あしなが育英会会長玉井