お知らせ

NEWS

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 東北レインボーハウス
  4. ファシリテーター養成講座の開催について~仙台レ...

ファシリテーター養成講座の開催について~仙台レインボーハウス~

2019.12.27

東北レインボーハウス

震災・津波遺児らの心に寄り添う
ボランティア(ファシリテーター)養成講座の参加者募集



一般財団法人あしなが育英会は、東日本大震災や病気、事故、自死などで、親など大切な人との死別を経験した子ども達が集い、様々な気持ち(グリーフ)や経験を表現したり、分かち合う「グリーフプログラム」を、仙台市(NPO法人子どもグリーフサポートステーションと共催)、石巻市、岩手県各地(陸前高田市、釜石市、宮古市、山田町)等で開催しています。 この講座では、子ども達と一緒に遊び、寄り添うために必要な知識やスキルを学びます。

参加者募集要項


主催 一般財団法人あしなが育英会
協力 NPO法人子どもグリーフサポートステーション
日程 2020年2月8日(土)、9日(日) ※2日間の参加が必須です
時間 10:00〜17:00(両日とも) ※受付9:40~
場所 仙台レインボーハウス
(仙台市青葉区五橋 2-1-15)
対象 子どものグリーフにサポートに興味のある18歳以上の男女 ※高校生は不可
資格、経験、学歴、学部・学科は問いません。
参加費 一般4,000円、学生3,000円(別途テキスト代1,800円含む)
定員 30名(最低催行人数8名)

内容

東日本大震災や病気、事故、自死などにより、親やきょうだいなど大切な人を亡くし、 『グリーフ』(grief:なくなった人への愛おしい気持ち、悲しみ、苦しみ、怒りなど様々な気持ち)を抱えた子どもを支える 「グリーフサポート」 のための知識と、子どもに寄り添い、共に過ごすために有効なスキルを学びます。 また、受講者が自分自身のグリーフを振り返るワークや、自分自身のケア(セルフケア)についても学びます。



講座で学ぶこと


1日目 グリーフについての基礎知識、グリーフサポートの役割、自分のグリーフを振り返る、ファシリテーションスキル
2日目 グリーフプログラムの実際について、子どもに寄り添うためのスキル、グループワークスキル、セルフケアなど

※体を動かすこともありますので、動きやすい服装にてご参加ください。



申し込み


必要事項を添えて、下記のメールアドレスもしくは申込フォームからお申し込みください。
申込メールアドレス : miyagi-rh@ashinaga.org
締め切り: 2020年2月3日(月) ※申込状況により締切を早める場合もございます。



〈必要事項〉
  1. お名前(ふりがな)
  2. 年齢
  3. 性別
  4. ご連絡先(電話・メール)
  5. ご職業/ご所属 ※学生の方は、学校名、学部学科学年
  6. 講座を知ったきっかけ(HP、SNS、知人等)
  7. 申し込みの動機

ファシリテーター養成講座チラシのダウンロード






ファイルを開く

アイコンをクリックするとチラシをダウンロードしていただけます。