お知らせ

NEWS

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. ニュース
  4. あしなが奨学生 6,500 人に緊急支援金15 万円を一...

あしなが奨学生 6,500 人に緊急支援金15 万円を一律支給 2年生以上の5,000 人には4月中に送金

2020.04.16

ニュース

病気、災害、自死などで親を亡くした子どもたちと、親が重度障がいで働けない子どもたちの進学を支援している一般財団法人あしなが育英会は、新型コロナウイルスの感染拡大によって減収し、毎日の生活に困っている遺児家庭を支援するため、全奨学生約 6,500 人(高校、専門学校、短大、大学、大学院)を対象に、「遺児の生活と教育の緊急支援金15 万円」の給付を決定しました。
このうち、入金口座が登録済の2年生以上約 5,000 人には4月中に送金。入金口座の登録作業中の1年生約 1,500 人については、作業完了次第、迅速に送金します。

今回の件に関して、奨学生・奨学生の保護者の方からのよくあるご質問をまとめました。
まずPDFをご確認いただき、それ以外の質問は下記メールにてお問いあわせください。
kinkyushien@ashinaga.org

緊急支援金に関するQ&A

ファイルを開く

「食費がない」「路上生活するしかない」お母さんから悲鳴

新型コロナウイルス感染拡大により、日本中で多大な影響が出ている状況の中、本会は遺児家庭の現状を把握するため、全都道府県の奨学生のうち、この4月に高校3年生になる子どものいる家庭の保護者を対象に、オンライン上で緊急アンケートを行いました。
全国から寄せられた281件の回答には、「収入が半分になり、4月の学費を納入できない」「食費も光熱費も足りず、もう、路上生活するしかない」といった切迫した悲鳴があふれていました。

遺児家庭のお母さんたちはアルバイトや契約社員など雇用が不安定な方が大半で、数万円の減収でも生活に打撃を受けます。たとえ正規雇用であっても、看護、介護、飲食、接客業など感染リスクが高い職に就いている方も多く、「私が感染したら、子どもはひとりぼっちでどうやって生きていくのか」と、家でも仕事でもずっと不安にさらされています。
そうした悲痛な声を受けて、本会は全国の奨学生ひとりにつき15万円を一律で支給することを決定いたしました。

遺児家庭のお母さんたちから届いたアンケート(抜粋)

ファイルを開く

遺児のお母さんアンケート回答抜粋


親を亡くした子どもと保護者が生き延びるため ご支援・ご協力のおねがい


あしなが奨学金は毎年春・秋の「あしなが学生募金」と、全国のみなさまからのご寄付に支えられています。新型コロナの影響で今春予定されていた第100回の学生募金が中止になり、財源の大幅な減少も懸念されている状況です。
しかし、本会は、奨学金の安定交付のための積立金を取り崩してでも、「今を生き延びてもらうため」の緊急一時金給付を決断しました。奨学金を出し続けることももちろん重要ですが、今この瞬間に食べるものにも困っている遺児と保護者を助けるには、一日も早い救済措置が必要であると考えたためです。
これからも当会が一人でも多くの子どもたちを支えていくために、皆様からのより一層のご支援をお願い申し上げます。


ご寄付先・お問い合わせ先

あしながさん奨学金支援口座番号
郵便振替:00180-0-15595
加入者名:あしなが育英会あしながさん奨学金係
ご支援全般についてはこちらから
ご寄付についてのお問い合わせはフリーダイヤルでもお受けしております。
フリーダイヤル 0120-916602

クレジットカードでのご寄付は以下から受け付けています。
一回のご寄付はこちらから
※今回の緊急支援へのクレジットカードでの一回のご寄付の場合、お申込みフォーム画面で「あしながさん奨学金支援」をご選択ください。
継続的なご寄付はこちらから
※今回の緊急支援へのクレジットカードでの継続的なご寄付の場合、お申込みフォーム画面で「あしながさん」をご選択ください。


その他のご寄付方法はこちら

Yahoo!ネット募金からもご寄付いただけます。(外部サイトに移動します)
Yahoo!ネット募金はこちら

softbankつながる募金からもご寄付いただけます。(外部サイトに移動します)
Softbankつながる募金はこちら


現在、新型コロナウィルスの影響によりお電話での受付を停止しております。お問い合わせは、各種フォームよりお願いいたします。お問い合わせ内容に合わせてフォームをご選択ください。
フォームはこちら
奨学生またはその保護者の方からの今回の件に関するお問い合わせは直接下記メールアドレスにお問い合わせください。
kinkyushien@ashinaga.org


プレスリリースをダウンロードいただけます。


ファイルを開く

緊急支援プレスリリース

ファイルを開く

会長玉井から報道の皆様へのお願い