1. HOME
  2. あしながメディア
  3. 東日本大震災遺児作文集『お空から、ちゃんと見ててね。』出版のお知らせ

東日本大震災遺児作文集『お空から、ちゃんと見ててね。』出版のお知らせ

今、伝えたいこと

「大切な人を亡くしてできた穴は、一生埋まることはありません。でも、だからこそ得るものがあります。父の死がなければ出会うことのなかった人や過ごすことのなかった時間があります。」

 

あしなが育英会は、東日本大震災直後の「特別一時金」の給付や、各地でのプログラムを開始してからこれまで、東日本大震災で親をなくした子どもとその保護者とあゆみを重ねてきました。

今年の3月で震災から10年が経過する今、作文集『お空から、ちゃんと見ててね。』を発刊することになりました。

 

 

10年の「心の軌跡」を書籍に

震災から3年の間、本会のレインボーハウスのプログラムに参加された小中学生の子どもが綴った作文を掲載しています。震災前の家族との思い出、震災当日の恐怖、そして震災後の想いが素直な言葉で綴られています。

 

「まだ、お父さんは見つかっていません。だけど仏壇はあるので、たくさんおがんであげたいです。そして、どうか安らかにねむってほしいと思います。」

 

加えて、現在18歳~24歳になり、学生や社会人として大人への道を歩みつつある遺児のインタビューや、書下ろし作文も寄せてもらいました。

インタビューで語られた「人生を歩き出す準備が整った」という言葉から、紆余曲折しながら、将来への希望をそれとなく見出せるようになってきた土台作りの様子が見てとれます。

 

また、昨年の秋に小中学、高校生となった子どもたちから寄せられた「亡き人や身近な人に宛てたお手紙」や、保護者と職員のコラムからも、それぞれの10年のあゆみが伝わるものとなっています。

 

東北レインボーハウスの職員を中心に、子どもたちとのやり取りを重ねて出来上がった「心の軌跡」を、みなさまと分かちあいたいと願っています。

 

これからも、グリーフと向き合い続ける

震災当時、母親のお腹にいた子どもは、今年の4月で小学4年生となります。

時間の流れに驚くと同時に、まだまだ震災は遠い過去でないこともわかります。

 

世間や社会は「10年」、「節目」と区切りをつけられたとしても、遺された家族にとって震災とそれに伴うグリーフ(喪失体験による寂しい、愛おしいなど様々な想い)は、これからも人それぞれのペースにより現在進行形で向き合い続けていくもの。それは震災から20年たっても、30年たっても、変わらないでしょう。

 

 

必要であれば、いくつになってもレインボーハウス、そしてあしなが育英会が、震災遺児にとって心の拠り所でいられたらと思います。また、これから起こりうる災害で、誰かが大切な人をなくしたとき、この作文集に綴られた言葉がその人の支えになれたらと願っています。

 

「パパ、ママ、妹!天国で元気にしてる?(中略)3人との「これから」はないから、「今まで」の思い出を少ないけれど大切にするね。いつまでも空から見守っててちょうだいね!」

 

『お空から、ちゃんと見ててね。』

2021年2月19日出版

発行:朝日新聞出版

定価:1210円(税込み)

お求めは全国の書店、またはインターネット書店へどうぞ

以下のインターネット書店でも、予約購入が可能です:

アマゾン

honto紀伊国屋書店楽天ブックス

セブンネットショッピング

寄付で遺児を
応援する

DONATE
寄付する

Follow Us

あしなが育英会 公式SNS

Mail News

あしなが育英会 公式メールニュース

あしなが育英会の最新情報などをお届けします。

Contact

お問い合わせ

お問い合わせの前に、「よくあるご質問」をご覧ください。
掲載のないご質問は「お問い合わせ」よりご連絡ください。